CNMI-グアム自由貿易

先週金曜日のサイパンワールドリゾートでのマリアナスワーキンググループの会合で、CNMIとグアムの自由貿易は両地域の議員と政策立案者の多くが話し合われました。

グアム上院議員のウィル・カストロ氏は先週金曜日のインタビューで、同グループの保健・食糧安全保障グループが、CNMIとグアムの自由貿易交渉を可能にすることについて協議したと話しました。

カストロ氏は、ロタの排他的経済水域(EEZ)とグアムのEEZが重複する可能性があることを認識し、CNMIとグアムの自由貿易について議論する価値があると述べました。

CNEからグアムへ、またはその逆に持ち込まれた商品は、EEZの重複により、各州または州ごとに別々の税法が適用される州間とは反対にイン・ステート(州内)とみなされるべきであるとカストロ氏は述べています。

「我々は、既存のものだけでなく・・・、我々が起こってほしいもの;食料安全保障の目標を達成するため、商品と商品の交換のための適切な気候を育成すること、を調べるために自分自身に挑戦します」とカストロ氏はサイパン・トリビューンに語りました。

7つの小グループに分かれたマリアナ・ワーキング・グループには、CNMIからのいくつかの主要閣僚が含まれました。

財政と税制に関する議論に参加したラリッサ・ラーソン財務局長によると、両島政府との間でいくつかの比較があり、それぞれの財政の処理方法はいくつかあると述べました。

グアムは、彼らの公的資金を活用するために何を行なったかについて多くの話をしました」とラーソン氏は述べ、それはグアム流用債権と付け加えました。 「私たちは、彼らが流用した債券、債券の支払い方法、そしてそれをどうやって行うのかを比較しました。本当に面白かったです」と彼女は付け加えました。

ラーソン氏は両政府間で財政に関する電話会議が開催されると伝えました。

問題の類似点は、議論を進め続けていたことでした。

「我々は同じ問題で苦労しているので、本当に素晴らしいものでした」とラーソン氏は語りました。彼女は、連邦立法を支持する可能性についても議論が行われたと付け加えました。

労使教育グループのメンバーであったロバート・ハンター地域社会文化局長官は、サイパン・トリビューンに対し、CNMIとグアムは経済成長を阻害する労働懸念を共有していると述べました。

「…それは私たちの周辺の問題であり、私たちが持つユニークな課題です。私たちは補完的な労働市場に容易にアクセスすることができないので、我々が得るべき実りのある議論は・・・、2日では不十分です」と同氏。

CNMI側では、グアムが実施しているプログラムから多くのことを学びました。

これはプロセスの始まりです。ハンター氏は、観光、芸術と文化、そして言語は、両領土が相互利益を持つ分野になる可能性があると付け加えました。

ワーキンググループの外で、ハンター氏は両政府間の協議が近い将来に続くと述べています。

マリアナス・ワーキンググループは、Ralph DLG Torres知事とGuam Gov. Eddie B. Calvo知事が共有の問題について互いに支援するMOUに署名した昨年2017年12月17日にCNMIとグアムの間で締結された覚書の結果です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です