Murkowski議長「目標はNMIの米国人労働者の数を増やすことです」

火曜日、S.2325北マリアナ米国労働者法に関する米国の上院エネルギー・天然資源委員会の公聴会で、労働者を保護し、島の外国人労働者への依存を減らすための政策が議論されました。

この法案の著作者で委員会の議長リサ・マーコウスキー上院議員は、CNMIの米国人労働者が外国人労働者による競争上の不利益を受けないようにすることを目標としていると語りました。

「そのために、私たちの立法案は、雇用主がCW労働者に最も高い一般支給賃金を支払うこと、及び、外国人労働者のニーズに関する米国労働省の証明を義務付けています。この法案は、2014年以来CWMIの許可を得てCNMIで働いていた長期外国人労働者のための新しいCW-3許可カテゴリも創設します。また、使用者が連邦労働法に違反している場合、あるいはそれが使用されていない場合には、発行された許可を取り消す権限を国土安全保障省長官に与えます」とアラスカ州選出議員のMurkowski議長は述べています。

会計年度2019年の新しいCWアプリケーションの提出が今後数週間で始まるため、彼女の法案のタイミングは重要であると彼女は述べました。

「私たちは私たちの前に良い製品を持っていると私が信じているのと同時に、私はそれをどのように改善するかと言う提案を歓迎します。しかしながら、移行期を延長することを私は自発的に支持する一方で、外国人労働への依存を減らしながら、CNMI経済における米国人労働者の数を増やすという考えに変わりがないことを強調したい」と同上院議員は繰り返し述べました。

この法案通過支持において共に証言した、ラルフ・トレス知事とグレゴリオ・キリリ・サブラン議員は、委員会メンバーからの質問を受けました。

トレス氏は、ワシントン州のマリア・キャントウェル委員会最高幹部に、ティニアン・ダイナスティのマネーロンダリング罪を執行しないよう米財務省に求めているロビイストについて尋ねられました。

知事は、彼の政権がロビイストを雇っていないと付け加え、彼はこの問題を認識していないと述べました。彼はもっと多くの情報を得て同上院議員に返答することを約束しました。

キャントウェル氏は、「我々はマリアナ政府が財務省に法律を執行させないようにしようとしているのを知りたいとは思わない」と述べました。「あなたが前回の公聴会で言ったように、この問題を引き続き前進させる必要がある」とキャントウェル氏はトレス知事に伝えました。

知事は、サイパンのカジノ建設現場の従業員について起きた最近の問題が真剣に取り扱われ、連邦および地方機関と協力して彼の行政が取り組んでいると述べ、CNMIがゲームや他の規制が確実に施行されることを確実にすると付け加えた。雇用主が法律に従うよう義務付けられていることを付け加えました。

「私たちは連邦政府機関と協力し続けています。そして、私はそれを発表することを誇りに思っています。米国の請負業者がホテル・カジノ・プロジェクトを完了させるでしょう。トレス氏は、「インペリアル・パシフィック・インターナショナルはカジノホテルの建設を続けるために、米国の建設労働者を雇います」と話しました。

同氏は、労働局を通じて、CNMIの雇用主は労働者が合法的に雇用されることを義務付けられていると付け加えました。

トレス氏は、D・ネバダ州のキャサリン・コルテス・マスト上院議員によって米国労働者の雇用または雇用の課題について尋ねられました。

知事は、インペリアル・パシフィック・インターナショナルが、プロジェクト開始時に1,500人の対象従業員のうち147人を雇用したと述べました。

IPIは、ネバダ州、ニュージャージー州などの州を旅して米国の労働者を募集していましたが、この島が台風19号に襲われた2015年8月以後、彼らの90%がに去りました。

D・ニューメキシコ州選出のマーティン・ハインリッヒ上院議員は、サブラン連邦下院議員に、他にCNMIがその住民のために必要とするものを尋ねました。

Sablan氏は、CNMIには依然として連邦CWプログラムが必要であると回答しました。 「私たちはこの延長とCWの削減を毎年必要としており、米国人労働者を労働力に迎え入れる必要があります。私たちは過去3年間で米国人労働者を増やしており、このプログラムの可能性のある終了は、雇用者に米国人労働者を雇って訓練することを強制しており、米国労働者を訓練することがこの法律の意図です」

「我々は米国労働者を止める必要があるとの判断はできない」というこの声明は、現在のところ停止する必要があり、この法案は、米国労働者がいないときにだけ隙間を埋める外国人労働者と主要労働者である米労働者で北マリアナ経済を創造するよう促すものである」とサブラン氏は語りました。

ティナ・スミス(D-Minnesota)上院議員は、不当労働行為や虐待を指摘し、「過去の過ちを確実に繰り返さないことを保証するために」とった行動についてとトレス氏に尋ねました。

知事は、労働者が保護され、法律が施行されていることを確認するために執行機関と緊密に協力していると述べました。

書面による証言でトレス氏は、「失業者」に分類される可能性がある島の米国人が推定1,800人いると予測された調査を行ったことを伝えました。

彼は「1,800人は比較的少ないのですが、これを減らすことができればと考えています。これを実現するために、私たちは国民のフードスタンプ受給者に最も厳しい仕事の要件を設け、政府が主催する就職フェアを推進しました。米国の市民雇用に影響を及ぼす、CNMI初の薬物裁判所と薬物リハビリ外来施設を開始する問題を対象とし、CNMI初の公共交通システムの実施に向けて取り組んでいます。私たちは、米国市民の雇用を増やすために、地元の資金を投入して改革を行なっています。成長している経済でこれを実現することができます」と述べました。

知事は更に、「この移行期の根底にある問題は複雑であり、CNMIがアメリカのコミュニティに加わる前から数十年にもわたって開発をしてきました。我々は責任あるパートナーとなるために大きく前進し、持続可能な発展のために努力を続け、遠い太平洋で誇らしくアメリカの旗を掲げる活気ある経済を作ってきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です