NMCがカジノ管理プログラムを開始

 

北マリアナ・カレッジは、CNMI政府の労働力開発努力を支えるプログラムにカジノ・マネジメントを加えました。

このプログラムを完了した人はインペリアル・パシフィックのカジノ施設で就職を申請する資格があるとNMCのカーメン・フェルナンデス学長は語りました。

他のNMCプログラムには、基本的な法執行、経営管理、コンピュータ・アプリケーション、火災技術、ホスピタリティ、介護アシスタント、中小企業管理などがあります。

フェルナンデス氏によると、カジノ・マネジメント・コースでプログラムを修了するためには、30単位を取得し、最大6カ月を費やす必要があります。

彼女はNMCの最新プログラムについてビジネス界に情報更新するための、水曜日のサイパン商工会議所でのプレゼンテーション後のインタビューで、「これは、資格のある人材を雇用市場に投入するための迅速な方法です」と述べました。

「看護師やコンピュータ技術プログラムも重要です。なぜなら、これらの分野は労働需要に不可欠だからです。しかし、インペリアル・パシフィック・インターナショナルのカジノとホテル施設が8月にオープンする際に、彼は少なくとも千人の従業員が必要とされるので、もっとも大きな分野がカジノ管理プログラムです。このプログラムは、地元の労働者が知識と訓練を受けて、カジノ業界が提供するポジションに合うように支援します」とフェルナンデス氏は言っています。

「カジノは24時間体制で運営されているため、常にオペレーションに従事する従業員が必要です。現地の人々を訓練することで就労資格を得て、CW労働者が抱えている仕事を緩やかに移すことが重要です」と彼女は付け加えました。

フェルナンデス氏によると、このプログラムは加速される可能性があるといいます。学生が既にカジノで働いている場合、6週間か、あるいはそれを会社のスケジュールに合わせることができます。

フェルナンデス氏は、クラスは10人までの学生を収容できると話しました。 「カジノのマネジメントについては、いつでも7人から始めることができますが、通常の人数は1クラス10人になります」と彼女は付け加えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です