より多くの米国人労働者を募集しているとIPIが発言

インペリアル・パシフィック・インターナショナルは、ホテルカジノ施設のために、より多くの米国人労働者を引き続き採用すると述べました。

IPIは、少なくとも65%の資格を持つ米国労働者で構成されることを望んでいると語りました。現在、従業員の44%が米国の労働者であり、残りは米国外(外国人労働者)です。

CNMI政府の民間セクター雇用主に対する目標は、少なくとも30%の米国人労働者を雇用することです。

インペリアル・パシフィック・インターナショナルはバラエティへの電子メールで、一時的なカジノや関連施設のスタッフを雇うために、米国を含むオフ・アイランドから募集しなければならないと述べています。

「2015年7月、IPIは米国本土でのゲーム経験を持つ270人の従業員を募集するために150万ドルを費やしました。 2015年8月3日、40年ぶりの最悪の台風Soudelorが数百の家屋を壊滅させ、6カ月以上にわたりその住民に停電と断水住民を残し去りサイパンを抹殺しました。わずか2ヵ月後、IPIは、契約を解除し帰国することを選択した米国本土従業員の80%を帰国させるために500万ドルを追加支出しなければなりませんでした。 現在IPIに雇用されているのは270人の米国市民従業員のうち、30人だけです」とIPIは述べました。

さらに、CNMI政府とのカジノライセンス契約によって、「65%の米国市民労働者を雇用するために最善の努力をすることが義務付けられている」と付け加えました。しかし、アメリカ本土、プエルトリコ、グアム、ミクロネシア全域、CNMI全体での募集に、何年も、何百万ドルもかけているにもかかわらず、私たちはこの命令を満たすには達していないとしています。

IPIは、こうした難題は、より高い賃金を提供する他の州との競争や、島々と米国の労働者の故郷との距離など、様々な要因によるものであると述べています。

IPIは、米国労働者を募集する上でのこれらの課題にもかかわらず、米国労働者の募集と保有に積極的に取り組んでいるため、65%の義務を満たすことにはまだ楽観的であると話しました。

IPIは、より多くの地元労働者や米国人労働者を雇用することを義務づけている条項には依然として合致していると付け加えています。

「我々はこの目標を達成するための積極的な行動を示していますが、すべての雇用主と同様に、CNMIは必要な米国市民労働力を欠いており、CWプログラムを延長する必要があります」

IPIは、従業員数は約1,800人で、ガラパンのホテル施設の建設が完了するとおよそ1,000人以上が必要になると述べています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です