政権政府がDCロビイストの問題を説明

先週、CW法案について審議された米国上院委員会公聴会で、D・ワシントンのマリア・キャントウェル上院議員は、米国財務省に接触したCNMIロビイストについて知っているかどうかを知事に尋ねました。

キャントウェル氏は、ロビイストがマネーロンダリング違反に関する金融犯罪取締ネットワークに接触したかどうかを知りたがっていました。

トーレス知事は、CNMのロビイストが関与しているそのような事件に関知はしていないないと述べましたが、同知事はさらなる情報を入手して上院議員に返事すると付け加えました。

上院議員は、「財務省に法律を執行させないように試みているマリアナ諸島を見ることは望まない」と述べました。

バラエティによって入手されたロビー活動公開フォームのコピーは、CNMIを代表するターンベリー・ソリューションTurnberry Solutions LLCが財務省に働きかけたと述べています。ロビイストの1人はJason Osborne氏でした。

日曜日、ケビン・バウティスタ報道官は次の声明を発表しました。

「[ロビイストの]提出書は、ターンベリー社の職員による不注意で行われた報告書の中の誤りでした。このエラーを認識して以来、この提出書は[Jason] Osborne氏が離島事務局[Insular Affairs of Office]及び内務省[Interior of Department]と会見したことを反映する改訂がなされました。財務省のラインは間違いであり、それ以来修正もされています。より広い意味では、ターンベリー社が提供するサービスは、ワシントンD.C.で私たちのメッセージを進める上で、CNMIにとって非常に貴重な資産であり、CNMIに多額の費用をかけずに勤勉に実行されています」

バウティスタ氏はさらに、「月額5,000ドルのターンベリー社の月額料金は標準料金よりはるかに低く、CNMIの成功を見たいという願望と重要な関係を持つ人物らからの説明をもたらせます。私たちのコミュニティの多くがDCで我々が受け取っている説明のレベルについて懸念されている今、これらのサービスはCNMIに、島民の代わりに一貫した擁護的活動を進めながら、より多大な経費がかかる、おびただしい数の島外への旅、永久的なワシントンDC事務所の設立、などにかかる必要なコストを節約しています。参考のために、グアムとプエルトリコには、ロビー活動の年間予算が200万ドルのロビイストがいて、両者はそれぞれの納税者に相当な費用がかかるD.C.の物理的な事務所を保有しています」と述べました。

バウティスタ氏は、「知事と政権はロビー活動に関する歴史的問題を認識しているが、現在の我々の取り組みの方向性、意図、行為は、特に連邦問題が効果的に対処されていない今の時期、適切に最大限の尊重をもって行われています。これらの継続的な努力を通じて、私たちは労働者問題に取り組み、過去に行われなかったホワイトハウスと議会の関係を樹立するために、議会で立法案を導入する上で大きな進歩を遂げました」と話しました。

トレス知事は、ジェイソン・オズボーン氏と彼のチームに大きな感謝の意を表し、私たちの国の首都に対するコモンウェルスの最大の利益を主張するように彼らと協力し続けることを楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です