マリアナスバラエティ紙記事「MVA、GVBが観光戦略を共有」へのコメント一覧

duizang さん

私は最近、コンチネンタル航空がグアムとサイパン間のフライトを削減すると発表したと思ったけど?

しかし、グアムとサイパン(約130マイル)間の切符は、グアム/マニラ(約2,500マイルを少し上回る)とほぼ同じ価格です。

 

Skywalkerさん

それはフォード役員会のようであり、デトロイトの町の反対側の “隣人”ゼネラルモーターズと戦略アイデアを共有するものです。

“パートナーと友達”? おそらく、ハエにクモ。

 

Talu-againさん

デルタ航空の航空便のキャンセルに関する記事で語られた概念は航空会社と関係で行うことがもっとあると私は思う。

デルタ便のキャンセルを発表した最後の記事では、コンセプションは、航空会社が進出して空席を埋める意欲があることを示唆した。彼はCDAに、彼らが着陸・駐機を補助するための税制上のインセンティブを航空会社に提供するために彼らの助けを必要とするかもしれないと暗示した。これは、グアムとパラオに、この航空会社の(または複数の航空会社の)計画運営を支援させるためのものだと思う。私はそれが、持ち株会社が発注しようとしていた航空会社にリンクされているのではないか?と思う(再び意図的ではない・笑)。彼らがTHと密接な関係を持っているのであったら、それは理にかなっている。

 

記事はいくつかの手がかりを与えている:

 

コンセプシオンは、特に日本市場でのフライト・リダクションについて話し合うと述べた。

MVAとグアム観光局の両方が観光業界で共有している課題がある、と彼は言った。

「我々は一緒に働き、両方の島を促進する戦略を考え出したい」と彼は語った。

MVAはグアムを競争相手と認識しているが、CNMIのパートナーであり友人でもあるという。

コンセプシオンは、GVBと会談した後、パラオの観光関係者と会うかもしれないと述べた。

 

グアムの地元民を含む多くの人々がサイパンに来たいと思っているが、チケットはマニラに行くのと同じ費用がかかる」とカバナー氏は言っています。

 

Sansa816 さん

サイパンはマニラへの旅行と比較することはできません。 あなたも試してはいけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です