カジノ委員会「ボードの構成を変更する適切な時期ではない」

コモンウェルス・カジノ委員会は、カジノ委員の数を増やす上院の措置に反対しており、これはボードの構成を修正する適切な時期ではないと述べています。

委員会のJuan Sablan委員長は、上院ゲーミング委員会の議長、Justo Quitugua上院議員に提出された書面によるコメントで、Quitugua議員によって導入された上院法案20-87への委員会の反対を表明しました。

この法案は委員の数を5人から7人に増やすものです。 2人の新しいメンバーの1人は女性でなければならず、もう1人はカロリニアン(Carolinians)民族の代表者です。

今現在の委員会は、サイパンから3人と、ロタとティニアからの1人のメンバーで構成されています。

Sablan氏は、現在の形の法案は、委員会への追加費用に対する資金供給の認可と割り当てができていないと述べています。彼は、各コミッショナーの現在の報酬は年額$ 65,000だと述べました。

議会は、新任コミッショナーの給与、家具や備品、オフィススペース、訓練および関連経費の資金を調達するために約250,000ドルを特定する必要があると付け加えました。

委員会は現在、排他的なカジノ・ライセンシーであるImperial Pacific Internationalによって毎年支払われるカジノ規制手数料基金によって資金提供されるほとんどの予算を得ていると同氏。

Sablan氏は現在の委員構成が効果的かつ効率的であると述べました。

「サイパンのカジノ業界は、初期のゲーム施設の建設がまだ進行中であるため、まだ初期段階にあります。カジノ・ライセンス契約に概説されているプロジェクトの第1段階と第2段階はまだ終わっていません。これはボードの構成を変更する適切な時期ではありません」とSablan氏は述べています。

法案の意図は高貴だと彼は付け加えましたが、追加費用をカバーするための資金不足のため、その実施は難しいだろうとしています。

すでに任期を終えているロタのジャスティン・マングローナ委員もまた、委員長としてではなく個人的な能力でコメントを提出しました。

「2020年4月30日までに」と同氏はQuitugua氏に伝え、「サイパンの3人の委員の任期が終了し、知事は上院議案20-87の意図を反映するために新メンバーを任命する選択肢を持つことになり、現時点でのその通過の必要性を否定します」

彼は、「高い倫理基準、教育経験、リーダーシップ・スキル、そしてその職歴の背景に基づいて理事会や委員会にメンバーを任命するための、新しい明確な公共政策を立てるには、おそらく機は熟している」と同氏は付け加えました。

カジノ委員会の代わりに、彼は次のように述べています。「指導員は業務管理の経験があり、仕事の性質上、高い倫理的性格を持っていなければなりません。任命されると直ちに新しいコミッショナーは、これがサイパンの新しい産業であるため、カジノ運営のトレーニングを受ける必要があります」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です