ビニー・サブラン議員「75年の土地リースに反対」

ビニー・サブラン下院議員は、現行の公共地リース契約を最大75年間に延長するための法律改正をする必要はなく、現行法の下で許可された40年はいかなる投資家にとっても十分であると付け加えました。

水曜日のインタビューで同氏は75年が長すぎると言いました。 「私はそれが私たちにとって良い選択だとは思わない。たぶん50年までの延長なら、私はそれをサポートできると思います。しかし75年?それは長すぎます。私はビジネスがそれほど長く続くとは思わない」と彼は言っています。

「土地賃貸を延長することには本当に注意が必要です。私にとっては40年で十分です。 1つは、私たちが持っている土地の量で、ここの土地不足問題、40年で十分です。人口とその多様性が変わる可能性があり、新しい投資家が参入する可能性があるので、開発が非常に迅速に行われていることを特に気にとめる必要があります。私たちは開発をコントロールしなければなりません」

労働力、インフラストラクチャー、廃棄物管理などの進行中の問題について、CNMI指導者たちは、「経済発展が懸念されている限り、開発を受け入れるにはどのくらいの距離を彼らが望んでいるのかを知っておくべきです」同氏は言っています。

彼は次のように述べています。「先に進む前にまずに尋ねる必要がある質問は、投資家がどのようにして75年間ここに留まることができるかということです。私はビジネスの売上高が速くなるという事実を知っています。私はビジネスがそれほど長く続くとは思わない。可能であれば、それは非常に成功したビジネスであり、非常にまれなものです。しかし、現在の我々のCW問題で、十分な労働力を持たない可能性があることを知っていて、長い間投資家が留まりますか?インフラストラクチャー、公共の土地、私有地のようなすべての問題を見なければならないと思うので、何かを変え始める前にこれらの問題をすべて処理しなければなりません」

Mariana Resort&Spaは、Sablan氏が下院議会で代表を務める第4選挙区にあります。ホテルの公共土地リース契約は2018年4月30日に満了する予定です。

「マリアナ・リゾートは40年後に終了する最初の土地リース契約になるでしょう」とサブラン氏は話しました。 「私にとって、40年というのは経済的な観点からはすでに長い時間です。私は彼らがここコモンウェルスで事業を行なった40年間で利益を上げたと確信しています。40年は企業が成長するのに十分な時間だと私は感じています。

Sablan氏は、「私たちは一つの企業に対応するために法を変えるべきである」というように私は思いません – 重要なことをするなら、その時、我々は特定の会社だけでなくすべての人のために行うべきです」と述べています。

パブリック・ランド局によると、マリアナ・リゾート所有地の申請プロセスはすでに完了しており、インペリアル・パシフィック・インターナショナルにリースされる予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です