労働局が雇用サービス部門を拡大

(知事オフィス) – CNMI労働局の雇用サービス部門は最近、求職者へのサービス向上のためのトレーニングを実施しました。

労働局のビッキー・ベナベンテ局長によると、この訓練は、求職者をスクリーニングし、雇用サービス部門のインタビュー・プロセスを通じて直感的なアプローチを使用する様々な方法に焦点を当てていました。

「雇用市場は絶えず進化しており、これらの新しい方法に適応することは、部門が労働ニーズを準備し、対応するのに役立ちます。私たちは、スクリーニングとインタビューの過程で身体的な言語、態度、自己紹介を観察することの重要性と、相性のいい仕事紹介をすることについて話し合いました」と語りました。

Benavente局長は、DESによって行われた紹介の採用時に雇用者の視点を学ぶことは、労働者プールだけでなく経済の見通しにとっても重要な考慮事項であると指摘しました。

雇用サービス・ディレクターのユージン・テブテブ氏は、雇用された就職先を追跡するプロセスも開始したと付け加えました。

「私たちは、新しい仕事の開始時に従業員をさらに支援し、スキルとキャリアパスの開発を促すことが必要であると理解しています。訓練の一部には、潜在的な挫折に​​ついての雇用者とのコミュニケーションが含まれます。これは現実であり、我々は質の高い研修や長期雇用のアウトカムへのアクセスを増やしながら、協力を促進し経済成長に寄与する、全体的だがデータ駆動型のこのアプローチを磨いていきます」とテブテブ氏は述べました。

Benavente局長は、労働力開発の必要性を踏まえて、この訓練がコモンウェルスにおける主要産業の障壁と必要な雇用サービスの変更を特定するのに役立つと述べています。

「本質的に、効果的な雇用サービスは人的資源への強い理解に依存しています。ホリスティックな意味での雇用者とのコラボレーションを求めて、雇用の本質や職務の複雑さを特定することによって、雇用サービスの長期的な生産にコミットしています。この実用的なアプリケーションに焦点を当て、平等な雇用機会委員会のガイドラインは、より良い雇用を創出します」とベナベンテ局長は話しました。

現在の労働力のニーズに関して、ラルフD.L.G.トレス知事は、雇用サービスの向上は、雇用のアクセシビリティギャップを解消し、離職率を緩和する多くの方法の1つであることを強調しました。

「先月CNMIの人材育成委員会が開催されたとき、私は、主要産業間のこの強力な協力関係が、労働力の革新と成長の機会を強化するための信頼できる情報と資源を提供することを知りました。これはすべて、私たちの労働プールに適応し、改善するための一部です。この最終日には、これらの人材育成活動、方針、慣行は、弾力性のある人材を育成するというコミットメントを新たなものにします。トレス知事は、DOLが技能を養成し、労働力の懸念に実践的で持続可能な方法で取り組むことを賞賛します」とトレス知事は話しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です