IPIが1,044件のH2Bビザを取得

グアムがH2Bビザを取得するのに苦労している一方で、昨年末、CNMIの最も大きな企業の1つであるインペリアル・パシフィック・インターナショナル社は米労働省から労働認証を取得することに成功しました。

サイパン・トリビューンは、この承認された労働認証を一般公開されているUSDOLのウェブサイトからを知りました。

ある関係者は、これらの労働許可証が米国市民移民局に提出されてから次にビザが承認されたということがCNMI労働局に通知されたと話しています。

サイパン・トリビューンは昨日、ビッキー・ベナベンテ労働局長に連絡を取りましたが、報道発表の時点で回答はありません。

Saipan Tribuneは、H2B請願を担当する法律事務所がHasselback Law Office LLCであることを知りました。サイパン・トリビューンはハッセルバック弁護士にも連絡を取りました、報道時での回答はありませんでした。

casino in August 2018.

これらのH2Bビザ保有者の到着は、かつて2018年8月にホテル&カジノをオープンする意思を表明していたIPIの現在の労働状況において大きな発展を遂げています。

今回の発展は、この規模のH2Bビザが米国政府機関によって承認され、CNMI雇用主及び同じ計画を立てている企業にとって優先順位が高いことが判明したのはCNMIの歴史では初めてのことで記念碑的であると思われます。

匿名希望のCNMIの弁護士によると、グアムとCNMIのH2Bビザの申請は、グアムのH2B申請の99%が不承認となっている現在の法的事実により中止されていました。これは、グアムとCNMIの企業および移民法律事務所が再び進展するのを阻みました。

H2Bビザは、季節性で特定のプロジェクトを対象とした非農業労働者の外国人労働者に対する一時就労ビザです。

IPIは現在、今後数週間で1,044人以上のH2B労働者がサイパンに到着するのを待っています。彼らは83人の電気技術者、102人の鉄鋼労働者、12人のリベッター、28人の建設労働者、155人の溶接業者、12人のタワークレーンオペレーター、156人の塗装人、413人の石工人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です