「パロール権限打ち切りの話は早すぎる」

中国とロシアの観光客を受け入れることをCNMIに認めるパロール権を打ち切ることは、現地経済にとって壊滅的なものになるだろうとマリアナ観光局のクリス・コンセプシオン局長は語りました。

「CNMIのパロール権を終了するという話は早すぎると思う。 CNMI経済は観光産業に大きく依存しており、CNMIへの到着国の35%を占める中国とロシアを脅かす恐れがあり、控えめに言っても、連邦政府側における無謀なものです」と同氏はサイパントリビューンに話しました。

ビザなし、中国とロシアからの観光客を誘致し続けるコモンウェルス政府の能力の潜在的な喪失は、今月初めにGregorio Kilili C. Sablan(Ind-MP)議員によって切り出されました。

彼は記者団に対し、本質的には、ドナルド・J・トランプ大統領が執行権限を使って、いくつかのオバマ時代のイニシアチブを取り消そうとしていると考えているため、パロール権を失うことを恐れていると話しました。

この証明はトランプ氏がハイチ人とエルサルバドル人の一時的かつ保護されたステータスを取り消し、中でも、児童入国延期措置プログラム(Deferred Action for Childhood Arrivals program)の終わらせることであるとSablan氏は述べました。

しかし、コンセプシオン氏は、地方経済を破壊するのではなく、連邦政府が、CNMI経済が確実に前進し、成長することを確実にするために、すべての努力をすべきだと述べました。

「連邦政府はCNMIを支援すべきで、経済発展を制限してはならない。連邦政府は、経済成長を刺激するためのツールとして使用するために、私たちにパロール権限を与えました。私たちはこれを行なっており、こんな重要な時にそれを取り除くことは、観光産業とCNMI経済全体にとって壊滅的なものになるでしょう」と彼は語りました。

コンセプシオン氏は楽観的ではありますが、パロール権を終結させる可能性についての考え方はそれに尽きます。

「現時点では、このシナリオについて話し合うのは時期尚早ですので、そのままにしておきましょう。私たちは、連邦政府のドルへの依存を減らすために、連邦政府が私たちに与えたツールを守ることによって、経済的安定を確保するため、選出された指導者が貢献していると確信しています。我々は、あらゆる時代やあらゆるレベルの政府の利益を擁護する強力な擁護者が必要です」と彼は語りました。

Sablan氏は、記者団との同じインタビューの中で、トランプ政権が、実際に、あるいは認識されている過度の問題のために、パロール権限を終了することを検討しているかもしれないと述べていました。

同氏によると、現場の職員がワシントンD.Cに、実際にはパロールは実施が難しいと言ってきており、さらに、オーバースティ観光客;労働観光客;職場での死亡;最低賃金違反;出産観光;などの行為が行政の下でパロール権を危うくする可能性があると付け加えました。

しかしコンセプシオン氏は、この問題は完全に地方政府の責任ではないと述べました。

「CNMIが国境を管理することはもうないということを覚えておくことです。私たちが国境を管理したとき、CNMIに入国し、CNMIを退去した者をより良く扱うことができました。いつでも、私たちはオーバースティ者を簡単に見つけることができました。膨大な情報源を持つ連邦政府が同じことをすることができないという事実は、CNMIがそれに対して罰せられることを意味するものではない」と彼は語りました。

突然の観光市場を規制することで生まれる危機を避けるために、CNMIはすべての卵を一つのバスケットに入れるべきではない、と彼は言っています。

コンセプシオン氏は、韓国と日本がCNMIへの入国者の約60%を多角化目的で抱えているが、日本は30%、韓国は30%、中国は30%という3つの市場アプローチを取ることが健康的で賢明だと述べました。

北マリアナ諸島ホテル協会のGloria Cavanagh会長は、サイパン・トリビューンへのコメントで、それは問題ではないと語りました。

「HANMIはこれについて何も聞いていません。私たちに関する限り、これは根拠のない噂に過ぎません。私は、米国政府がCNMIの経済を破壊しようとしているとは考えていない」と述べました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です