Laolao Bayで観光客が溺死

DFEMS消防局救急医療部とDPS公安局によると、金曜日の午後、32歳の観光客がラオラオ湾で溺死しました。

DFEMSの広報担当官Derek Gersonde氏は、被害者はTian Tao氏と発表しました。

事故前、被害者と彼の妻はレンタカーを使って案内なしでラオラオ湾に向かいました。被害者は妻が海岸線にとどまっている間に泳ぐことにしました。

被害者の妻は後に夫がサンゴ礁の近くで泳ぎ、数分間水中に入ったことに気づいたとGersonde氏は話しています。

妻はそのエリアにいた日本人男性のグループに助けを求めました。彼らは泳いで被害者を陸に引き上げたとGersonde氏。

DFEMSは、午後1時55分にDPS至急報からの通報を受け、溺死の可能性がある事件に関連して救急車を要請しました。

午後1時55分、Koblerville消防署のMedic-4とSusupe消防署のRescue-1が派遣されました。 DFEMS EMTは午後2時5分に患者に接触したと語りました。

DPS PIOのジャクリー・レイ氏は、2018年3月9日午後1時42分、ラオラオ湾で遭難した遊泳者を報告する目撃者からの通報を受けたと発表しました。

レイ氏は、DPSの職員が現場に到着したとき、彼らは32歳の男性が浜辺で動かずに横たわっているのを発見したと言いました。職員はすぐに心肺蘇生を開始し、医者が到着するまで継続しました。

目撃者によると、被害者とその妻は午後1時30分ごろ、遊泳のためにラオラオ湾に到着しました。

彼の妻が陸に居る間、被害者は海域に向かって泳ぎ出しました。その直後、彼は水に引き込まれるように助けを求めて怒鳴り始めたとレイ氏は話しています。

妻はその地域にいる4人の男性に援助を求め、彼らは被害者を救出しようとして海域に泳ぎ出しました。

彼らは被害者が動かず水面を浮遊しているのを発見し、海岸に引き戻し、警察に通報したとレイ氏は伝えました。

緊急医療隊員が到着したとき、DPS職員は被害者に対してすでにCPRを実施していました。

EMTの見立てでは、患者は心拍がなく、呼吸していませんでした。Gersonde氏によると、EMTはて午後2時18分にコモンウェルスヘルスセンターに到着するまで救急車で患者の気道を開いてCPRを実施しました。

CHCで、EMTは患者を蘇生作業が止まるまで救急室のスタッフが引き継いだCHC外傷室に移送しましたが、患者はDevey博士によって2:24 p.m.に死亡が宣告されたとGersonde氏は付け加えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です