知事がポーカーゾーンの拡大政策を承認

ラルフ・トレス(Ralph Torres)知事は、特定の指定ゾーンでのポーカー・パーラーの運営を拡大するローカル法案を法制定しました。
下院議員のJohn Paul Sablan、Frank Aguon、Joseph Leepan Guerrero、Alice Igitol、Greg Sablan Jr及びJanet Maratita下院副議長によって提起された下院ローカル法案20-47は今、2013年のサイパンゾーニング法を改正する、サイパン地方条例20-21となり、大人のゲーム機を複数の地域で営業することを認めます。
新しい法律の主要条項は、ポーカーパーラーが運営されるゾーンのリストにOrchid Streetを追加したことです:「成人用の賭博機械事業は、(1)ビーチロードの西または隣接するツーリスト・リゾートおよび複合商業地区内で、Chalan MsgrからChalan Pale Arnoldの西まで、あるいは、Afetna RoadからChalan Msgr. Guerrero及び、隣接区画、ガラパン・コア、ガラパン・イースト、ビーチロードのゾーニング地区など、ビジネスが教会、コインランドリー、公立学校、私立学校、公園、遊び場、その他の大人から200フィート以上離れていれば(2)ガラパンコア、ガラパンイースト、ビーチロード、ツーリストリゾートまたは複合商業ゾーニング地区内にある場合、(2)20以上の客室を備えたホテルに限り立地できるものとする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です