魚類・野生生物部門に料金を課す権限を与える法案は今法律に

魚類および野生生物部門がマリン・スポーツ活動を規制し、保護活動のための料金を課すことを許可する法案は、ラルフ・トレス知事によって法制定への署名がされました。
ビニ-・サブラン下院副議長、ジャネット・マラティータ下院議会リーダー、グレン・マラティータ、アリス・イギトール、フランク・アグオン、ドナルド・バーシナス、ジョセフ・デレオン・ゲレロ、イワン・ブランコ、エドウィン・アルダン、グレッグ・サブラン、ジョン・ポール・サブラン、エドウィン・プロプストによって提起された下院法案20-69は今、パブリック法20-44となりました。
この法律は、今後の世代の利用と楽しみのために、マニャガハ、バードアイランド、禁断の島などの保護地域や聖域を保護し、保全し、管理し、運営する必要性が引き続き存在すると述べています。
さらに、コモンウェルス人々の、および訪問者の喜びと楽しみのために、海洋保全地域と聖域での活動許可が限られる可能性があると述べています。
この法律は、魚類および野生生物部門に、保護地域および聖域で特定のマリン・スポーツまたは活動をいつ許可するかを決定する柔軟性を与えます。しかし、その部門は、これらの分野を監視し、維持するためのデュー・ディリジェンスも実施しなければならず、この取り組みは、より多くの資金と人員の増加を必要とします。
更に同部門は、ロタとティニアンの聖域とマニャガハ保護地域、バードアイランド島、禁断の島の保護区域を含むが、これに限定されない海洋保護区域の水域または水没土地内での使用または活動に対して、規制によって定められた手数料を課すこと、許可証を発行する権限が与えられます。
収集された料金は回転基金口座に入金されます。各年度に回収された資金の15%はロタ保全地区管理回転基金に、15%がティニアン保全地域管理回転基金に、70%がサイパン保全地域管理回転基金に寄付されます。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です