速報「USCISは4月2日から会計年度2019年のCW-1請願の受け付けを始める」

2018年4月2日、合衆国市民権とイミグレーション・サービス(USCIS)は会計年度(FY)2019年の上限数の適用を受ける北マリアナ諸島(CNMI)限定移行労働者(CW-1)プログラムの申請受付を開始します。CNMIの雇用者は他の非移民労働者カテゴリーに対する資格がない外国人労働者を雇用するためにCW-1プログラムを使います。会計年度2019年のCW-1ビザの上限数は4,999枠です。
会計年度2019年の上限数について、USCISは雇用者に、雇用の提案された開始日について最高6カ月前に、そしてその時間フレームの中で可能な限り早く、CW-1 非移民労働者に対する申請を提出するよう奨励しています。もしそれが6カ月以上前に提出された場合、USCISは申請を拒否します。 たとえその労働者の現在のステータスがその日付までに期限が切れないものであっても、延長請願は2018年10月1日の開始日を要請することができます。
USCISは会計年度2019の利用可能なCW-1ビザの数より多くの請願を受けることを予想しているため、USCISは上限を超えないように、提携させた受益者でランダムに請願を選択するための抽選を行な可能性があります。抽選は雇用主に労働者を要求する公平な機会を与えることになり、特にCNMIからのメール遅延の可能性があります。
USCISは、抽選が必要かどうかを判断するために10営業日後に受理された請願の受益者の総数を数えます。 最初の10日間の後に上限が満たされた場合は、上限が満たされる前の最後の日に受理された申請に限り抽選を行う必要があります。上限に達するときに、抽選が行われるかどうかをUSCISが発表します。
雇用主は、CNMI限定非移民移民労働者の申請書であるI-129CWの最新版を提出する必要があります。
$ 200のCNMI義務教育費、CW-1申請ごとに460ドルの手数料、USCISは、不正または不十分な料金支払いを含む申請を拒否します。
CW-1上限の詳細については、CNMI限定暫定ワーカー(CW-1)上限ページをご覧ください。 (PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です