会計年度2019年CWキャップ:4,999枠

マリアナス・バラエティ紙 3/22/2018

米国移民局USCISは、会計年度2019年のCW許可枠数を9,999枠から4,999枠に減らすと発表しましたが、エンジェル・デパパン下院議員は、NMI米国労働法S. 2325が方制定されれば、直ちにこの上限数は引き上げられると言っています。

米国下院議員グレゴリオKililiカマチョSablan氏は、S.2325がすでに米国議会で動きがあるにもかかわらず、上限数を削減するトランプ政権の決定を批判しました。

「リサ・マーコウスキー上院議員と私自身が導入した北マリアナ諸島米国労働者法は、会計年度2019年の上限数を2011年度と同数の13,000に再設定し、我々のコミュニティに確実な10年間を与えるものです」と語りました。

彼はさらに、「両院超党派ワーキング・グループによって書かれた、米国の労働力法は、議会で前進しているにもかかわらず、トランプ政権は異なるアプローチを取っている」と付け加えました。

Sablan氏によれば、米国人労働者法には、より多くの米国人労働者を労働力に引き入れるインセンティブが含まれており、米国労働者に対する重大な保護や、トランプ政権が支持すべき政策が含まれています。

しかし、と同氏は付け加え、トランプ政権がマリアナ諸島経済の縮小を生じさせる(会計年度2018年の9,999から2019年の4,999への)CW労働力を半減することで、米国の労働者は雇用を失うリスクにさらされていると述べました。

Sablan氏は、「米国労働法が開発中の時、そして導入後に、私は国土安全保障省長官と話し合い、上限が法律によって13,000にリセットされる可能性が高まっているとき、2019年上限を4,999にカットすることでマリアナを傷つけるのは無意味だと提言しました。

「完全に不必要な削減となる可能性があることを先に進めるという決定が下されたことを、私は残念に思います。私は、もう一度、長官に、少なくとも、それらを却下するのではなく、余分な申請を保持するように訴えます。これにより、経済的な被害を直ちに逃れることができ、米国労働者法を大統領に送って法律に署名する時間を議会に与えることができます」

デマパン氏の見解は、しかしながら、USCISは現在の法律に基づいて行動を始めたとしています。

「彼らの発表は、標準的な手続きに過ぎません。それは、新しい法律がない現時点で彼らがしなくてはならないことです。彼らは前進しなければなりません…しかし、S. 2325も立法プロセスを通って進んでいるので、来月にはそれが実現すると予想しています。私たちは、その通過及び制定のために強力にプッシュしていきます、そして、それはCW更新処理の6ヶ月の期間中で法律になった場合、それは私たちにUSCISが新しい、より多い上限数に基づいて彼らの政策を調整する機会を与えるものです」

彼はさらに、「今は、企業や従業員にとって大きな懸念事項であることを認識していますが、これはプロセスの一部であることを理解する必要があります。 NMI米国労働法が法律になるまで、USCISは既存の法律に基づいて活動しなければなりません」と付け加えました。

我々は更新アプリケーションに対する6ヶ月のウィンドウのフロントエンドにあり、必ずしも有効期限のフロントエンドであるので、私たちの経済と労働力の国家に利益をもたらす立法を引き続き進めていくため、我々に多少の息継ぎの余裕があるため、パニックの原因がないと私は思います」

デマパン氏は、現在の法案が今後も進むことを期待していると述べました。

「法案の著者、Murkowski上院議員の訪島で、来週、ここで経済の脈を感じるために彼女がここにくることを示す良い指標だと私は思うし、ここで本当に何が起こっているのかを彼女に理解させる別の機会を与えてくれるでしょう」とデマパン氏。

政府は声明を発表し、米国労働者法の成立に期待を表明しました。

「ラルフD.L.G.トレス氏は、USCISがCW1の許可証を求める雇用者に対してより大きな公平性を提供できるシステムを導入することを長い間求めて来た」と述べています。

「この要請は902協議中に議論されたものであり、すべての事業者に限られた利用可能な労働者プールを競う公平な機会が与えられることを確実にする前向きな一歩です。彼はUSCISの関係者と今日も議論を続けています」

トレス政府は、民間部門や中小企業の指導者が米国の労働者を雇用し訓練することに取り組んでいることを誇りに思うと伝えました。

知事は、すべての雇用者ができるだけ多くの米国人労働者を雇い入れるように奨励しています。

「しかし、CNMIには、経済の存続可能性を維持するために、より多くの労働者が必要であると我々は理解しています」

「知事は、北マリアナ諸島米国労働者法に基づき、Murkowski上院議員、彼女の委員、および彼女のスタッフの懸命な努力に感謝すると共に、私たちの経済における米国の労働者に新たなチャンスを提供する彼女の法案の条項となるために長年のCNMIの成長と強さの継続とその通過を楽しみにしています」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です