CUCはインフラ整備税の法案を支持

コモンウェルス・ユーティリティ社(Commonwealth Utilities Corp.)は、開発者(デベロッパー)インフラ税制を改正する法案の通過を支持しています。

アーノルド・I・パラシオス(Arnold I. Palacios)上院議長が導入した上院法案第20-27は、現在、エンジェル・デンパン(Angel Demapan)議員を議長とする下院歳入委員会で審議されています。

この法案によれば、投資家は、CNMIで建設を提案しているそれぞれの開発に査定インフラストラクチャの影響を及ぼさなければなりません。

CUCのエグゼクティブ・ディレクターのゲイリー・カマチョ氏は、法案に関する書面によるコメントの中で、インパクト・フィーの支払いが2回の支払いに分割されることを提案しました。

「この提言理由は、多くの場合、開発者はキャッシュフローの問題のために完全な支払いを先行させる困難に直面するからです。すべての場合ではなく、開発者が費用を分担することにより、影響の査定(インパクト・アセスメント)の全額支払いを要求される場合には、プロジェクトの始めに考慮していなかったコミュニティの便益向上に追加支援の獲得可能なコストを分割する配慮がなされます。開発者は義務を免れることはできませんが、追加的なコミュニティの利益ポイントを獲得する可能性のある、交渉された合意は、長期的なビジネス関係を構築するうえで貴重な配慮となるでしょう」とカマチョ氏。

この法案には、集金されるすべてのデベロッパー税は、「税金が支払われた新規開発のインフラストラクチャー・デベロップメント税に対して最初に支払われるべきデベロッパー税が提供される開発予定地の上院地区の利益としてインフラストラクチャー改善のために独占的に用いられるものとする」と書かれています。

インフラとは、電気、水道、下水道、道路、排水、洪水管理、固形廃棄物管理システムを指します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です