CUCがSB 20-80を否定

コモンウェルス・ユーティリティ社(Commonwealth Utilities Corp.)は、顧客の光熱費請求における水・廃水漏れ調整を認める法律を支持していません。

公益委員会の議長を務めるSixto Igisomar議長に提出された書簡でCUCエグゼクティブディレクターのゲーリー・カマチョ氏は、ポール・A・マングローニャ上院議員が導入した上院法案20-80の目的と意図を支持しないと述べました。

カマチョ氏は、水漏れによる収入損失とそれに続く廃水査定は、CUCの料金体系には含まれておらず、すべての消費者にとって追加の負担となると述べました。

「CUCは、サービスのために自発的に申請したすべての顧客に電力、水道および排水サービスを提供するための毎日の支出義務を満たすためCUCのEnabling Actによって・・・義務付けられている、完全に独立した自己資金提供機関です」とカマチョ氏は述べています。

「CUCの責任は、料金体系がこの時点までに発生した費用を考慮しているため、その計測・軽量で終了します」と同氏は付け加えました。

顧客が論争へのCUCの対応に満足していない場合、請求書異議申し立て手続きがあります、とカマチョ氏は述べました。

同氏は、このプロセスは、高額な水道料金が探知後の合理的な時間内に修理された漏水の結果であるという苦情の、公式あるいは非公式の和解を顧客に提供すると話しました。

また、このプロセスは、水漏れの期間中の水の使用を含む課金の合理性および公平性に関する証拠を顧客が提示する適切な機会を提供すると彼は付け加えました。これは、同様に、行政聴聞官がこの問題について公平な決定を下すことを可能にする、とさらに彼は付け加えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です