CUC「燃料価格の低下にもかかわらず、電力料金の調整はない」

良いニュース:燃料価格が下がりました。それほど良いニュースではない:電力料金は下がらないので、利用者にとっては何の意味もありません。

コモンウェルス・ユーティリティ社は火曜日、燃料価格レートの引き下げは、今月の燃料調整費用やFAC率の低下を正当化するには不十分だと述べました。

声明で、CUCはモービル・オイル・マリアナス(Mobil Oil Marianas Islands Inc.)から、2月から4月までシンガポールの月平均燃料価格の平均値がわずかに低下したとの情報を得たと伝えました。

CUCは、この引き下げは1ガロンあたりの燃料コスト平均値の差が4.5%以上にはならない述べ、4月のCUC kWh(キロワット時)レート全体に調整を加えられることはないと付け加えました。

FACはkWhあたり0.20109ドルで維持されます。

CUC委員会(Commonwealth Public Utilities Commission)の前回の命令に基づいて、CUCは、プラッツ・シンガポールの月額平均値が、使用される燃料の平均ガロン当たり費用の平均値の4.5%に等しいか、それを上回ったときに、FACの計算においてパス・スルー率を調整するように義務付けられています。

このFACは、CUCの電気的kWhレートを構成し、燃料を購入するために使用される2つのコンポーネントの1つです。第2の要素は、運営、プロジェクト、および債務サービスに資金を提供するCUCの基本料金です。

1から350kWh当たり消費電力に対する基本レートは、一般住宅利用者に対しては$ 0.0210、;商業顧客の場合は0.1130ドル;政府会計は0.1240ドル、です。

基本料金は2014年4月17日以来上がっていないとCUCは述べています。

CUCは、燃料および燃料関連費用を回収するために、2009年に先にレベル調整されたエネルギー調整条項またはLEACレートと呼ばれるFACを最初に制定しました。このシステムは、グアムと米領バージン諸島の電力供給業者によっても使用されている、とCUCは述べました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です