ハッピーポーカーが4人のレジ係(キャッシャー)に訴えられる

ハッピーポーカーのレジ係4人は、雇用均等労働基準法に違反して最低賃金及び残業時間を彼らに支払っていないと主張して、雇用主であるZeng’s American

カトリナ・デル・ガレゴ・デマパン氏、マ・ジーナ・ティオゾン氏、メアリー・ジェーン・G・ムヒ氏、エメリンダ・E・サンチェス氏は、マーク・B・ハンソン弁護士によって代表が努められています。彼らはNMI地方裁判所でこの訴訟を起こしました。

原告は彼らが働いていたすべての時間に適用される最低賃金と、各業務における週40時間を超える残業手当に対する、ハッピーポーカーへの支払い命令を裁判所に求めています。

原告はまた、弁護士報酬および訴訟費用、そして清算損害賠償額を等しく分配して支払うことも被告に命じるよう裁判所に求めました。

本訴訟によると、ハッピーポーカーは原告に適切な賃金を支払うっていません。

訴状によると、彼らのそれぞれが40時間を超えて働いていましたが、残業時間は支払われていませんでした。

ハンソン氏は、Demapan原告が2014年2月から2016年2月まで、1日12時間、週7日間働いて、1,500ドルの月給が支払割れたと述べました。

ハンソン氏は、ムヒ原告は2014年12月から2016年2月まで、1日12時間、週7日間働いて、1,500ドルの月給を受け取ったと述べました。

サンチェス原告は、2015年4月から2016年2月まで、毎日12時間、週7日間、休暇を取らず、毎月1,500ドルの給与を受け取った、とハンソン氏は付け加えました。

ハッピーポーカーの雇用を通じて、ティオゾン原告は、1日12時間、週7日間働き、毎月1,500ドルの給与が支払われました。

ハンソン氏によれば、多くの場合、被告は現金不足のために原告の給料から様々な金額を差し引くことになったとしています。

この訴えはまた、ハッピーポーカーのオーナーが、キャッシャーに彼への高額の預金を要求したとも主張しています。

そのような預金は、所有者がキャッシュ・レジスターの不足を補うために利用する資金を作るものでした。

ハンソン氏は、雇用主によって要求された控除および預金は、FLSA義務を下回る最低時間賃金および時間外賃金に効果的に減少させるものであったと述べました。

キャッシャーとしての彼らの業務は、現金交換、賞金の確認と払い出し、ビデオポーカー施設の清掃、監視カメラの監視、所有者と代理人への報告、時には敷地内での犯罪行為の可能性があることをDPS公安局に報告するなどが含まれていました。

Demapan氏、Muhi氏、Sanchez氏は現在、Happy Pokerの従業員であり、Tiozon氏は元従業員であると、本訴状は表明しています。

バラエティは被告からコメントを得ることができませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です