CUC局長がCWC-1申請書をUSCISに提出

CUCコモンウェルス・ユーティリティ社のエグゼクティブディレクター、ゲーリー・カマチョ氏は、CUCの外国人労働者のCW-1認可更新申請書をカリフォルニア州の米国市民権移民局に提出しました。

バラエティは、カマチョ氏が先週島を出て、土曜日の4月7日に帰ると伝えられました。

「彼はそれを行いました」とCUCの役員のウィリアム・ギルモア氏は、カマチョ氏がCW-1更新申請を提出したことを指摘しました。

会計年度2019年のCW上限数が4,999枠であると発表したUSCISは、4月2日からCW-1申請を受け付けています。

CUCにはCW-1の許可証所有者が17人いて、発電所に割り当てられています。

CUCは、発電所で働く他の10人のそのCWのためにH1-Bビザをすでに申請していると述べました。

会計年度2019年において、USCISはCNMIの雇用主に対し、提案された就業日の6ヶ月前までに、そしてその期間内に可能な限り早期にCW-1非移民労働者の申請を提出することを奨励しました。

USCISは、6ヶ月以上前に提訴された請願を却下すると述べています。

2019年12月以降の10年間、連邦CWプログラム延長し、CW上限を13,000枠に増やす法案は米国議会で審議中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です