JALがグアムー日本の観光市場を再活性化

グアム- 2018年3月25日から毎日2便のフライトを提案した昨年12月のその約束が果たされ、先週、日本航空は成田からグアムへの飛行機を2倍に増やしました。

グアム観光局のNathan Denight局長兼最高経営責任者(CEO)によると、JALの発表はグアムの観光産業の大きなニュースです。

「これは、必要とされる日本からの航空座席容量を十分にもたらします。また、グアムは安全で平和的で家族に優しい観光地であり続けるという、自信を持って肯定的なメッセージを日本の旅行業界に発信します」と同氏は話しました。

我々は、GVB、ガバナー・オフィス、グアム国際空港局、グアム経済開発局などとのパートナーシップを通じて、グアムの人々にとってより多くの成果を上げることを期待しています」と彼は付け加えました。

成田からグアムへの飛行は、デルタ航空の1月8日の撤退により大打撃を受けました。ユナイテッド航空は、札幌、福岡、大阪、名古屋からのフライトを打ち切り、グアムへの仙台便は4月1日から停止しました。この両社のフライト撤退はそれらのルート上の低需要への削減の結果でした。

GBVの広報担当者ジョシュ・タイキエンコ氏は、グアムへの第二番目のフライトを追加する日本航空の決定は、グアム観光局、グアム国際空港局、グアム経済開発庁の戦略的かつ協力的な努力の結果であると述べました。

「追加のフライトは、日本からグアムへの座席数で助けとなります。フライトは2018年10月まで予定されており、767航空機でグアムに50,000以上の座席を提供する予定です。GVBは、グアムへのより多くの飛行を促進するために、現行の航空会社と潜在的な航空会社との会合を続けている」と彼は付け加えました。

CNMIは、デルタが5月8日にサイパンとパラオへの飛行を終了することで同様の課題に直面しています。デルタが成田からサイパンへの直行ルートをやめた後、日本市場はグアムまたは韓国の仁川を経由してサイパンに到着しなければなりません。

Delta Air Linesのコーポレートコミュニケーション部門のヒロコ・オカダ氏は、この決定がミクロネシア市場での需要減を含む「持続不可能なプレッシャー」に起因すると声明で述べています。

以前のインタビューでは、マリアナ観光局のマネージングディレクター、クリスコンセプシオン氏は、ルートを引き継ぐことに関心を示している多数の航空会社と積極的に協力していると語りました。

「今日の市場動向の変化に伴い、明るい未来が期待されています。[低コストキャリア]革命は世界中で野火のように広がっており、今後は、日本が本質的に短距離で、CNMIから3時間の飛行を踏まえ、マリアナとミクロネシアではこの傾向が素早く回復すると予測しています」と彼は言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です