Kilili氏「迅速なメディケイド支出が瀬戸際の2019年の助成金割り当ての取り組みに役立つ」

(CNMI議員)- グレゴリオ・キリリ(Gregorio Kilili)カマチョ・サブラン議員は木曜日、CNMIがそのメディケイド助成金を迅速に支出していることに感謝を表しました。それは、来年の補助金を拡張する場合に彼を補助するものです。同下院議員は、マリアナス・メディケイド・プログラムのために2011年に始まるアフォーダブル(入手可能)ケア法(オバマケア)で1億900万ドルを追加することができました。しかしながら、この助成金は会計年度2019年度末に満了します。

キリリ議員は、「コモンウェルスはオバマケアのお金をうまく使っている」と述べました。「余分なお金は、現地資金が削減された後でも病院の営業を保つために役立ちました。そして、この1億900万ドルは、2019年の終わりまでにほとんど全面的に削減されます」

「来年、潜在的な民主党主導で、この瀬戸際の補助金と、CNMIによる非常に良い出費記録で、私たちはメディケイド助成金を、さらには引き上げる、拡張で素晴らしい効果を得ると私は思っています」

現在の議会でオバマケアの資金提供を拡張することの1つの問題は、共和党主導体制がオバマケアを葬ることに焦点を当てていることです。

もう一つの難点は、他の地域での支出が遅いことです。議会調査機関からサブラン氏に提供されたデータによると、グアムは2019年末までに利用可能な資金の69%、アメリカン・サモアが20%しか費やしていないことを示しています。

対照的に、CNMIはその資金の93%を費やすことが計画されています。

議会は、昨年、ハリケーン・イルマ(Hurricanes Irma)とマリア(Maria)の後、プエルトリコとバージン諸島に短期メディケイド支援を提供しました。

キリリ議員は、「我々は台風を通じてさらなるメディケイド資金を得ることは避けたい」と述べました。「また、嵐からの復興を支援するためにカリブ諸島に提供される短期的補助でなく、我々は長期的な解決策が必要です」

現地立法措置は支出を速めることができました。

サブラン氏が提案した一つの解決策は、島嶼地域のメディケイド資金の上限を上げることです。同下院議員は、「国家は、連邦政府のドルが州政府と合致する限り、メディケイドで必要なだけ支出することができる」と説明しました。

「CNMIは、ドルとドルを合わせるのではなく、証明された公的支出CPEを使ってその整合を行なっています」

認定された公的支出は、コモンウェルス保健医療公社が連邦政府のメディケイド資金に適格な項目とサービスに費やす資金です。CPEは、年間平均約1300万ドルです。

Kilili議員は、上限が解除された場合、病院が説明して使用できる追加の公的支出があるかもしれないと述べました。

「CPEの使用は賢明です」とSablan氏は述べています。

「しかし、立法府はまた、彼らが一度行なったように、地元の資金を連邦メディケイドのドルと一致させるために割り当てることを始めることもできます。それも、賢明なことです。連邦政府との55%の一致(整合)で、資金を倍以上にすることができるからです」と彼は説明しました。

「メディケイドに直接依存している14,000人以上の人々がいます。メディケイドのお金がドアを開いたままにしているので、病院に行く人は間接的にもメリットがあります。したがって、立法府からの財政的関与は、誰にとっても医療を改善するのに役立ちます。現地の約束は、残りのオバマケアの資金を引き下げ、2019年以降の継続的な連邦政府の資金調達の事例を作るのにも役立つでしょう」とキリリ議員は述べました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です