ガラパン・パブリック・マーケットはバウチャーを提供しています

ガラパン・パブリック・マーケットのマネージャー、Leroy Pangelinan氏は、今彼らが10ドルと25ドルのバウチャーを販売しているとして、「理想的なギフトアイテム」であると付け加えました。

「このバウチャーはあなたの友人のためのもので、ここで新鮮な果物や野菜を買うことができるものです」と彼は付け加えました。

Pangelinan氏は、まもなく、様々な果物でいっぱいの手織りのバスケットを売り出しますと話しました。「これはまた別のギフト・アイテムで、いろいろな果物を望む人のためのものです」

CNMIファーマーズ協会の会員は増えてはいませんが、地元の農家はパブリック・マーケットを支援することを約束していると同氏。

彼は、Joeten DandanやGreen Consumeなどのホテルや店舗への定期的な配達を行うことができると言っています。

彼らはまた、Tinianからの定期的なペッパー(唐辛子)の供給を続けていますが、通常、一括買いする一人の顧客がいるため、需要を満たすことはほとんどできません、とパンゲリナン氏。

加えて、彼らは、赤大根のピクルス、ライム、タロ、サツマイモおよび付加価値製品を提供し続けているロタのパートナーを持っています。

Bonabe Maratita氏と彼の妻Imeeさんは、パブリック・マーケットの常連客の一人です。

マラティタ氏は、「私たちは地元の農産物を支援しているため、ほとんど毎日ここにやってきます」と話しました。

また、店員とそのマネージャー、Leroy Pangelinan氏によって提供される優れたカスタマーサービスにも感謝していると同氏。

マラティータ氏は他のコミュニティのメンバーに、地元農作物と月曜日から金曜日の午前8時から午後6時まで、そして土曜日の午前8時から午後4時まで開いているガラパン・パブリック・マーケットをひいきにするよう勧めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です