ゾーニング理事会メンバーが任期をもっと長くするべきと発言

新たに指名されたゾーニング・理事会メンバーのマリオ・タイタノ氏は、理事の任期を2年から4年に延長するよう法律を改正すべきだと述べた。

金曜日にサイパンとノーザンアイランド立法代表団が指名したタイタノ氏は、現在理事会で2期目の任期を務めている。

元下院メンバーの一人、タイタノ氏は理事会に再任されたことに感謝しました。彼はまた、彼の確認のために投票した17人の代表団のメンバーに感謝しました。

「もう2年間、勤めることを楽しみにしていました。しかし、私はまた、この法律が任期を2年から4年へ変更するよう改正されることも望みます」と述べました。

「他の政府理事の任期を統一するだけです。もう1つのことは、薬物検査やクリアランス提出のような要件の処理は高額です。麻薬検査を受けるには30ドル、警察の取り調べを受けるには30ドルがかかり、2年間を従事するには非常に高額です。それは4年間で良いはずです」

タイタノ氏は、代表団のジョン・ポール・サブラン議長との提言について話し合ったと述べました。

ゾーニング理事会で、タイタノ氏は、緊急問題に取り組むために他のメンバー、法律で義務付けられたように、特に、住宅街からのポーカー施設移転である、最も論争の的になっている、問題に取り組むつもりであると述べました。しかし、一部のポーカーオペレーターは、法律の実施に関してゾーニング・ボードを訴えています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です