NMI住民が違法労働者に対して抗議

チャモロとカロリニアンの家族で構成されているCNMI ホライゾンと呼ばれるグループが、違法建設労働者の雇用に抗議するために月曜日の午後5時から午後6時までOleai Beach Road交差点に集まりました。

児童を含むグループのメンバー20人は、「違法な事業活動が中国のビジネス界ではびこっている」、「違法雇用を止めるのを助けてください」のプラカードを掲げました。

このグループの指導者、フェル・カレン氏は、「違法な中国人労働者はあらゆるところにいて、建設プロジェクトで横行している」と語りました。

同氏は、「さまざまな企業や事業所で働く多くの中国人は、法的文書やCW許可証を持っていない」と言っています。

彼はさらに、「これは止まなければならない- 人々を雇うこの違法行為。企業は地元の人々を雇う必要があります。私たちは雇用されなければなりません。私たちには、失業している人や仕事をしていない人が多く、中国人労働者に優先順位を付けています。多くの請負業者、特に中国企業が中国人を雇用しているので、我々は地元住民の雇用を促しています」と付け加えました。

カレン氏は、CW認可を取得していない中国人労働者と多くの建設現場に行ったことがあると話しました。失業中の地元住民がいるときに、なぜ彼らを雇うのか?

カレン氏は、失業した地元住民は熟練者でもなく、資格もないかもしれないが、「彼らはシャベルの使い方を知っている」と述べています。

「ですから、私たちにもチャンスを与え、必要な仕事を私たちに与えてください」とKalen氏は付け加えました。

彼のグループは結成して現在6ヶ月になると語りました。「私はすでに知事に会い、私たちの主張について話し合いました。彼はそれについて手を打っていると言いました。私たちはまた、不法雇用が急増している私たちの事業者に、特に建設業社に強いメッセージを送ることによって、働きかけも行なっています」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です