USCIS 「CW上限が10日以内に満たされた場合、抽選が使用される可能性が高い」

CWの許可を与えるために抽選システムを使用するかどうかの決定は、USCIS米国市民権移民局が2018年4月2日から10日間で受け取るCWアプリケーションの数によって異なります。

USCISの代表者によると、同政府機関は、会計年度2019年度CW許可を承認する際に、くじ引きシステムを使用するかどうかをまだ熟慮中です。

「USCISは、(会計年度)2019年に利用可能なCW-1ビザの数よりも多くの請願書を受領する予定であるため、上限を超えないように無作為に請願書および関連受益者を選択する抽選を行うかもしれません。抽選は、雇用主に、特にCNMIからのメールの遅れの可能性をもって労働者を要請する最も公正な機会を与えるものです」とUSCISの代表者は述べています。

サイパン・トリビューンの調査に応じて、USCISは、10日後に受理された請願の受給者の総数が抽選の主要な決定要因である語りました。

また、サイパントリビューンの調査には、会計年度2019年のCWスロット4,999のうどのくらいがすでに出願されているかが含まれていました。USCISは回答しませんでした。

「USCISは、宝くじが必要かどうかを判断するために10日(営業日)後に受理された請願の受益者の総数を数えます。上限が最初の10日間の後に満たされた場合は、上限が満たされる前の最終日に受理された請願書で抽選を行う必要があります。USCIS上限に達した際に抽選を行うかどうかを発表する」とUSCISの声明は付け加えています。

USCISによると、同機関は10日(営業日)後に受領した請願の受益者の総数を数えます。その期間内に受理された請願の数が上限を超える場合、USCISは抽選を行います。

「無作為に選ばれた各申請に含まれる受益者の数を、選択された順に数え、受益者の総数が上限に達するまで申請の選択を続けます。私たちは、選択されていないすべての申請、および上限に達した後に受け取った申請を拒否します。CW-1上限が満たされたときに受理した申請件数をモニターして公表します」と述べました。

会計年度2016年から現在までのCW上限数12,999枠は上限に達しています。過去2015年10月22日に発表された会計年度2016年の上限数は2016年5月5日に上限に達しました。CW上限は2016年5月5日を上回りました.会計年度2017年のCW上限数12,998枠は2016年10月少し前に発表され、2016年10月14日に上限に達しました。会計年度2018年のCW上限数9,998枠は、2017年11月下旬に発表されましたが、USCISが最終上限数を発表可能となる前に上限に達しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です