ゾーニングオフィス「40店舗以上のレストランが法律違反」

ほとんどがススペとガラパンの小売店やレストランで、40以上の事業所がゾーニング法に違反しているとゾーニング・監督官のTherese Ogumoro氏は言っています。

彼女のオフィスは、「許可されていない建物、窓や地上の標識、そして照明を含む違反の大幅な増加」を目撃している、と彼女は付け加えました。

オグモロ氏によると、ユバート・アレプヨ氏が率いる事務所の取締チームは、昼夜の査察を実施し、施設に遵守のための丁重な通知を出します。

彼女は、今後数日以内に違反通知発行の準備がされるようになっていると付け加えました。

主要な違反には、翻訳されていない外国語の文章、許可されていない外国文字文章のサイズ、許可されていない窓の看板、不適切な配置、許可されていない寸法、敷地から離れた場所に置かれた点滅照明などが含まれます。

オグモロ氏は、施設のいくつかは「新しく、法律については何も知らずに尋ねもしない」と述べました。

ゾーニング法は、建物と敷地のすべての標識を英語で書かなければならないことを要求しています。外国語のテキストが使用されている場合は、それを英語のテキストに等しいかそれより小さいテキストサイズで英語に翻訳する必要があります。

彼女は罰金を科されることを避けるために、違反している看板やライトをすぐに取り除くように企業に要請しました。

彼女は、看板の周りの許可されていないライトの使用率が非常に高くなっていることを明らかにした、ゾーニング取り締まりチームが夜間の点検を行ったと話しました。

オグモロ氏は、「ゾーニング・オフィスは、許可されていない標識や照明を取り除き、ゾーニング要項を3〜5日以内に遵守するよう施設​​への通知を始めました」と述べ、これを怠ると1日500〜1000ドルの罰金が科せられると付け加えました。

ビジネスオーナーは、標識の設置や何らかの質問の前に、Joeten Dandanのゾーニング・オフィスを訪問するように奨励しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です