DPLがマニャガハ商業権の提案を受け付ける

DPLパブリックランド局は、2018年5月26日までマニャガハのコンセッション・リース(商業権リース)の有資格企業からの提案を受け付けると伝えました。

ターシ・ツアー(Tasi Tours)はマニャガハの独占権利保有主(マスター・コンセッショネア)ですが、その契約は2016年8月に終了し、その後DPLに毎月の保留料を支払っています。

インタビューでDPLのマリアンヌ・テレジヨ局長は、ターシ・ツアーは提案書を提出できると述べました。

「(提案RFP期間の要請」終了時に、次のコンセッショネアが誰になるかを決定します。これは、すべての対応可能な企業に開放されています」とTeregeyo氏は述べています。

バラエティはTasi Toursからのコメントを得ようとしましたが、得られませんでした。

以前の声明で、Tasi Toursは25年以上にわたり1億ドル以上のコンセッション料金を支払ったと語っていました。

 

ほかのニュースでは

 

カンパシフィック/マリアナ・リゾート&スパの所有権に関して、コンセプシオン氏は、インペリアル・パシフィック・インターナショナルとの「既存の賃貸借契約」はまだないと述べています。

Kan Pacific / Mariana Resortの40年リース期間は2018年4月30日に終了します。

2015年12月、同ホテルはインペリアル・パシフィック・インターナショナルと契約を結び、リース契約の残りの2年間を引き継ぎました。

DPLがマリアナリゾートの不動産のRFPを発行したとき、IPIだけが提案書を提出しました。

「DPLではなく議会が5,000平方メートル以上の賃貸を承認するか否定する」とConcepcion氏は述べました。「今のところ、リースはありません。DPLが議会の検討のためにリース・パッケージを提出する前に、DPLとIPIは詳細について作業しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です