Leepan氏「NMIは日本に代表団を送るべき」

トレス政権は観光問題を議論するために日本に代表団を送る必要がある、とLeepan Guerrero下院議員は言っています。

「私は我々の政府に、日本に行って日本政府職員と会い、より多くの日本人観光客を誘致するためにCNMIができることを尋ねる代表団を組織するように要請している」と付け加えました。

日本は島の主要な観光市場でした。

商業及び観光に関する下院委員会の会長は、彼の提案についてキンジ・シノダ日本領事と協議すると述べました。

ゲレロ氏は、「CNMIを観光地として改善するためにできることについて、日本人と真剣に話し合うべきだ」と付け加えました。

日本からの到着者数は、日本航空がサイパンから撤退した2005年以来、減少が続いています。

Leepan氏「NMIは日本に代表団を送るべき」” に対して1件のコメントがあります。

  1. RYS より:

    誘客には大事な三大要素があります。
    ① ツアー代金が安い
    ② 買物場所が多い
    ③ 観光・アクティビティが多い。

    これが最低の要件ですが①には複数の航空会社の誘致が必要です。

  2. サイパンリピーター より:

    日本人の50歳代前後の人達の海外デビューはグアム・サイパンでした。
    何も無いから楽しくないという記憶があり、子供達にもそういう話をしています。
    旅行会社も同様な対応でグアムは知っていてもサイパンは全く知らない状態。
    グアム同様になっては客の奪い合いになるのは確実ですから、差別化が必要です。
    私は今のサイパンのままが好きで、開発されるのは反対です。
    戦死された方には申し訳ないですが、島内観光=戦跡では飽きます。
    特に若者は近代史を勉強していないですから戦跡を回っても楽しくないに繋がります。
    戦跡のガイドも誤った知識で案内しているのが殆どです。

    航空会社が増えるのは良い事ですが同時間帯に飛ばすのではなく、以前のような朝便・夜便というようなダイヤが良いように思います。入国に時間が掛かり過ぎて、二度と来たくないと言う人が多いのは事実です。
    ですので、仁川や上海から来る便より早く到着するのが良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です