10名のツアーガイドがMVAの認定プログラムを終了

MVAツアーガイド認証マネージャーのKuen-Hee Han氏は木曜日、10名の日本人ツアーガイドが最近マリアナ観光局のツアーガイド認証プログラムを完了したと伝えました。

この10名は、(以下敬称略)マリ・ベルナルド、ケイコ・コジマ、サチヨ・H・ホッコック、カオリ・オサナイ、カオリ・タカハシ、レオポルド・オナ・ロドリケス、パルオコア・S・モンケヤ、タロウ・クボ、トモヒコ・ニシダ、マサル・スナガです。

ハン氏によれば、ツアーガイドはCNMI地理、CNMIの規則と規制、ツアーガイドの基本原則/ツアー運営、ツアーガイドカスタマーサービス、ツアーガイドの安全とセキュリティ、環境の保護、CNMIの文化と伝説を北マリアナ・カレッジでの指導クラスの20時間を終了しました。

「彼らのほとんどが長年にわたる観光産業従事者です」とハン氏は語理ました。

MVAマネージングディレクター、クリスコンセプシオン氏は、プログラムの進捗状況に非常に満足していると言いました。

これまでに申請した311人のうち、191人がマリアナの公式ガイドとして認定されていると彼は付け加えました。

「私たちにはライセンスを得た78のツアー・オペレータも抱えています。ゆっくりと、しかし確実に、私たちは観光業界を合理化し、ガイドと運営者を国際基準に準拠させて進歩させています」とConcepcion氏は述べました。

彼はまた、プログラムの教育的側面を先導するNMCを賞賛しました。

「我々は無免許のガイドとオペレーターにコンプライアンスを遵守し、あるいはリスクg示されることを奨励しています。私たちはまだまだ長い道のりにありますが、地域社会からの支援を得て、到達するでしょう」と彼は語った。

ハン氏は、この認証プログラムは2017年10月に初めて導入されたと述べています。

一度に24人のツアーガイドしか認定プログラムのクラスに参加することができないと彼は付け加えました。

MVAによると、DPS公安局、サイパンゾーニングオフィス、環境・沿岸管理局と協力してCNMIの違法で不認定のツアーガイドを取り締まっています。

違反は、金銭的制裁、証明書および/または事業免許の取消し、または公平な制裁がもたらされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です