ケープエアがロタから撤退

上院議員のTeresita Santos氏とPaul Manglona氏は、Cape Air / United AirlinesにRotaフライトサービスを終了する決定を再検討するよう求めています。

ユナイテッド航空は、6月1日から、グアム-サイパン間のメインライン・サービスに166席のボーイング737-800機を使用すると発表しました。

しかしながら、グアム- サイパン- ロタ・ルートのケープ・エア・ユナイテッド・エクスプレスのサービスは、5月31日に廃止されます。

「私は、サイパン- グアム/グアム- サイパン路線を運行するために大きな機材を使用するユナイテッド航空の決定に拍手を送りますが、2018年6月1日に始まるグアム/ロタ/サイパン路線を中止するというその壊滅的な決定を知ってショックです」とサントス氏は語りました。

「このような思い切った決断は、ロタ島への限られた航空旅客サービスに大きな影響を及ぼすだけでなく、ケープ・エア・ユナイテッド・エクスプレスに現在雇用されている人々の職や、観光および開発の可能性の喪失を含め、我々の経済開発への多大なる影響も与えるでしょう」と付け加えました。

「従って、ロタの人々や指導者を代表して、私はユナイテッド航空にこの決定を再検討するよう強く訴えます。そのような決定の結果は前述の理由に基づいて私たちの島に悪影響を及ぼします。

さらに、ロタの指導者たちがユナイテッド航空と会い、利用可能な最短時間で問題を解決し、ロタへの航空旅客サービスの継続性を確実にすることを強く推奨します。言うまでもありませんが、ケープエア、スターマリアナス、Artic Circleが現在ロタに航空会社のサービスを提供しているにもかかわらず、お客様は常に…飛行機の不足…。この理由から、ロタへの経済的壊滅となるサービスを中止するケープエアに対してロタは余裕がない」と上院議員は述べています。

マングローニャ氏は、ユナイテッド航空のマネージング・ディレクターのサム・シノハラ氏への書簡で、「ロタとCNMIの指導者たちは、ロタで観光を促進する新しい道を追求しているが、島にサービスを提供する航空会社が1つ減ることで、観光客を島にもたらせる我々の努力は妨げられることになる」と伝えました。

彼はさらに、ロタの住民はケープエアのフライト・サービスの中止により大きくな響を受けると付け加えました。ロタは2005年以来、ケープエアのフライトサービスの恩恵を受けています。島で雇用を創出しただけでなく、観光産業は破産を免れることができました。

ユナイテッド航空は、グアム-サイパン間のメインライン・サービスを開始することは、創立50周年記念事業の一部であると述べています。

ユナイテッド航空の国際ネットワーク企画担当副社長のパトリック・ケイル氏は、この決定は顧客からのフィードバックに基づいて行われたと述べました。

「多くの人々が、主要なアメニティと快適さを提供する航空機と、西太平洋の気象条件に関係なくより確実に動作する航空機の種類を求めてきました。グアムとサイパンのお客様に新しい737サービスが提供されることにより、より良いサービスを提供できると確信しています」とQuayle氏は述べています。

サイパンへの新しいメインラインサービスは、毎日午前7時にグアムを出発し、午前7時45分にサイパンに到着します。帰り便は、午前8時45分にサイパンを出発し、午前9時30分にグアムに到着します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です