ジョブ・フェアで200人の応募者が集まる

現地労働局の第2回就職フェアでは、米国市民有資格労働者を求める40社の企業約200人の応募者が参加した。

DOL(労働局)のビッキー・ベナベンテ局長は、このフェアの成功で、ティニアンとロタに同様の就職フェアを開催する予定であると語りました。

マルチパーパス・センターで開催された就職フェアは、午前9時に始まり午後3時で終了しました。応募者には、学生、高校生、大学卒業生、非居住者が含まれていました。

グアムとCNMIのDOL賃金・時間部門の地区担当補佐ディレクターのパトリック・カンドレッタ(Patrick Candoleta)氏がゲストスピーカーで参加しました。彼は雇用者と応募者からの質問に答えました。

講話の中で同氏は、賃金、従業員の権利、雇用主の職務について話しました。

質問の大部分は、本国送還を含むCWの問題に関わるものでした。しかし、Candoleta氏は、混乱を起こしたくないと言いながら、米国市民権移民局へのいくつかの質問を示しました。

Benavente局長は、参加者にはCNMI奨学金事務所と北マリアナ大学と同様に、建設会社、ホテル、レストラン、育児施設、人材派遣会社に参加していると述べました。

added.

「我々は予定通りに作業しているが、我々の姉妹島も手助けしなければならない」と彼女は付け加えました。

主な参加企業は、トリプルJ、ケンジントン、パシフィックアイランドクラブ、マクドナルド、デルタマネジメント/シェル、パシフィックリム、インペリアルパシフィックインターナショナル、北マリアナインターナショナルスクール、カノアリゾート、シャーリーズコーヒーショップ、ハーマンズベーカリー、ACパシフィックLLC、アメリカシノパン、GPP Inc.、GR建設株式会社、ゴールデンハーベストインターナショナルスクール、JAMコンストラクション、ジョエン、カンパシフィック、ラオラオベイゴルフリゾート、セントトレーディングカンパニー、サクセスインターナショナルコーポレーション、サクセスインターナショナルコーポレーション、レゾンインターナショナル、ハイアットリージェンシー、スマートストア、センチュリーツアーなどでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です