ケープ・エアーがユナイテッド航空のロタ撤退に嘆く

ケープ・エアーの最高執行責任者、ダン・ウルフ氏は、ユナイテッド航空のロタからの撤退決定は「悲しい」ニュースだと語りました。

「このニュースと、従業員とその家族に与える影響と過去14年間にわたって愛してきた地域社会への影響を深く憂慮しています」と同氏はバラエティへのメールで伝えています。

「グアム、サイパン、ロタの地上チームから8,000マイル以上離れた本部を手伝っているチームまで、ミクロネシアでの素晴らしい操業について、我々は信じられないほど誇りに思っています。私たちは、ケープエアの価値観と合致した模範的なサービスを提供してきました」と同氏。

彼は、ロタからの撤退決定は、ケープ・エアーではなく、ユナイテッド航空によってなされたと話しています。

ユナイテッド航空は、2018年6月1日から、グアム-サイパン間のメインラインサービスに166席のボーイング737-800機を使用すると発表しました。

しかし、グアム・サイパン・ロタのケープ・エア・ユナイテッド・エクスプレスのサービスは、5月31日に廃止される予定です。

2人のロタ議員は、ユナイテッド航空に、島に悪影響を与えるこの決定を再検討するよう要請しています。

Teresita Santos氏とPaul Manglona氏の両議員はまた、United Airlinesの役員と会い、この問題について話し合うことも望んでいます。

ロタへのフライトサービスについて質問されたスターマリアナスのシャン・クリスチャン社長は、「サイパンとティニア、サイパン、ロタの間で確実な日々の定期便を提供すること、そしてCNMIとグアムの間で引き続き旅客傭船と貨物サービスを提供することを彼らは約束したままです。航空業界に必要な計画と調整があれば、我々は現在ユナイテッド航空によって行われた発表を評価しています」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です