トレス知事が1ヶ月以内に「航空会社の関心」に期待

知事はアラスカ所有の運送業者との就航ルートについて話し合います。

ラルフDLGトレス知事は、最近の本土への出張でアラスカの企業が彼と会ったことで、今後の「航空会社の関心」に期待を寄せています。

知事は、オレゴン州とアラスカ州で1週間を過ごした後、潜在的な「航空会社の関心」を示唆しました。トレス氏は、特にアラスカ- サイパン路線ではなく、CNMIの航空便業務に彼らの関心を表している、若干のアラスカ州の男女実業家に会ったことを明らかにしました。

「… 私は… 航空会社に関する数人の男女実業家と会ったので、うまくいけば1ヵ月以内にアラスカからの航空会社の関心が示されると思います。我々はまた、航空機乗客に関して、今週、いくつかは彼らが要求した、何らかのデータを提供することにもなるであろう」とトレス氏は話しました。

彼は、「アラスカのネイティブまたはアラスカのビジネスマンが所有する航空会社」との対話をしたが、必ずしもアラスカ航空ではないということを明確にしました。トレス氏は、彼が誰と、そしてどのような話をしたのか、航空会社を特定していません。

「私は彼らに我々の状況を伝え、彼らが興味を表明したので、いくつかの文書と情報を提供します。願わくば、1ヶ月以内に、彼らがサイパンを訪れ見学することになる」とトレス氏は述べ、サイパン、ロタ、グアムにサービスを提供する航空会社を彼は望んでいると付け加えました。

ユナイテッド航空は、ミクロネシアでケープ・エアーとの関係を断ち切る意向を発表しました。Cape Airは、RotaからSaipanまたはRotaからGuamへの唯一の交通サービスの供給源です。

ユナイテッドは、より大きなジェットを使用してグアム- サイパンのフライトを毎日開始する予定です。デルタ航空は、先週の日曜日にCNMIを撤退しました。

デルタ空港はCNMIの日本成田への直行便を提供するだけでなく、米国本土へのサービスを提供する唯一の航空会社です。

トレス知事は、デルタ航空が日本への直行便を打ち切ったことで、東京の羽田空港に本拠を置く第3位の日本の航空会社であるスカイマーク航空が今冬季にサイパンへの直行便を就航する査定を始めていることを前回の声明で発表しました。

「…査定プロセスと公式の決定が完了すれば、より正式な発表が行われるだろう」とトレス知事は言っています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です