知事がCape Airとの議論を継続中と言及

ラルフD.L.G.トレス知事は水曜日、ケープ・エアーの関係者と会い、ロタのフライト・サービスを続ける可能性について話し合いました。

知事はCPAコモンウェルス港湾局とマリアナ観光局の担当者も会議に出席したと述べました。

Cape AirとUnited Airlinesとの提携が5月31日に終了すると同時に、Cape Airはロタのフライト・サービスを提供できなくなります。

ケープ・エアーは現在、CNMI政府と地元の民間部門に「手を差し伸べて」います。

トレス氏によると、アーノルド・パラシオス上院議長とラルフ・デマパン下院議長が率いる議員たちも、ケープ・エアを支援する方法を模索しているとしています。

「現時点では議論の余地があり、航空会社を支援するために利用可能な財源を用意しています。私たちは、Cape Airがフライトサービスを継続できることを願っています」

トレス氏はさらに、「結論は、私たちの3つの主要島のいずれかへのフライト・サービス終了を望んではいないということです。ユナイテッド航空がサイパンからグアムへの毎日のフライトを提供することは知っていますが、日本、ハワイまたは世界各地へのフライトをつなぐ経由機を失うつもりはないので、我々は1日1便を5便に増やすためにあらゆる角度から調べています」と付け加えました。

CNMIは「サービスを提供するためにはどの航空会社にも」補助金を提供できるとトレス氏は述べています。

「ケープエアーは長い間当地にあって、ユナイテッド航空と良好なサービスを提供してきました。彼らの相違が何であれ、私たちは関わるつもりはありません。政府は最後に、信頼性の高い時間枠で実現可能なサービスを提供できる航空会社を優先順位付けする必要があります」と同氏は付け加えました。

ロタのポール・マングローニャ上院議員は、今月末にケープ・エアーのフライト・サービスが予期せず中断され、サイパンへのフライトが減ったことが、3つの主要島々で観光を促進するCNMIの取り組みに大きく影響すると述べた。

ロタは2005年以来、ケープエアのフライトサービスの恩恵を受けています。島内で多くの雇用を創出しただけでなく、観光産業を維持させてきました。彼らは何年も前から良いパートナーでした。これらの理由、及びその他の理由により、我々はパラシオス上院議長にケープエアとユナイテッド航空との議論に積極的な役割を果たすよう依頼しました。上院議長は、この予期せぬ削減とフライト・サービスの停止によるマイナスの影響を減らすために6ヶ月または1年の延期を認めるよう、ユナイテッド航空のCEOオスカー・ムニョス氏に最近の決定の再考を要請しました」マングローニャ議員は話しています。

ロタのもう一人の上院議員、テリー・サントス氏は、島の立法代表団が席について、ケープエアーの幹部とこの問題について話し合ったと言いました。

「私たちが要求しているような時間が与えれれば、私たちはすべての当事者、特にロタに、相互間で有益な解決策を見いだすことができると確信しています。ユナイテッド航空の延期についての好意的な検討を楽しみにしている」と彼女は語りました。

「ユナイテッド航空は、CNMIのために必要なフライト・サービスを提供するユナイテッド・エクスプレス/ケープ・エアーの必要性を考慮することを我々は再び謙虚にアピールします」と彼女は付け加えました。

「さらに、我々はケープ・エアーがこの問題に対処する解決策を見出そうとしていることを賞賛しています」

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です