CW問題に関する会議を開催する非営利団体

CNMIの非営利団体であるMaharlikan Centre for Social、Cultural and Economic Development Inc.がCW上限数の影響を受ける外国人労働者との会議を開催するつもりです。

この会合はアメリカン・メモリアル・パークで5月24日の午後6時から7時までが予定されています。

Maharlikan Centerの創設者George “Magicman” Gomez氏はCW問題の影響を受けた人たちを支援したいと言っています。

7月に、マハーリカン・センター擁護チームのCharry de Guzman氏は、元ロタの教師で人権活動家のウェンディ・ドロマル氏と会うことになると語りました。

彼女は米国議会のホールに島の弁護を持ち込むことを助けるだろう、とガズマン氏は述べ、ドロマル氏は議会議員と国家首都の政策立案者との関係を「結びつける」人物だと付け加えました。

2007年12月のデモ行進の主催者、外国人労働者擁護者のCarlito Marquez氏は、長期外国人労働者の移民ステータスの改善のためにキャンペーンを続けることを誓いました。

しかし、マルケス氏は、以前のステータス改善提案が米国議会で「葬られた」ことも認めています。

Maharlikan Center Advocay Teamは、フィリピンのコミュニティのメンバー、特にCW問題の影響を受けているメンバーがフィリピン政府からの「援助を切望している」と述べました。

「私たちの選択肢は何ですか?この問題に関してグアムのフィリピン領事館の計画は何ですか?」

送還に直面している労働者は、海外労働者のために利用可能なフィリピン政府のプログラムについて学習すべきです、とMaharlikanチームは述べています。

グアムのフィリピン領事館が、CNMIのフィリピンの労働者を助けることができなければ閉鎖すべきだと言っています。「あるいは、総領事を、偽りのない心で保護する、そして奉仕する人物に換えてください」

「答えが必要とされる質問がたくさんあります!北マリアナ諸島のフィリピンの国外出稼ぎ労働者はあなたの助けを必要としています!」と付け加えました。

ゴメス氏は、マハーリカン・センターの主な目標は、島に滞在して勉強を続けるフィリピン人労働者の米国市民である子どもたちを守り、保護することだと話しました。

詳細はMaharlikan ChannelまたはMaharlikan SaipanのFacebookページをご覧ください。George “Magicman” Gomez(783-0270または287-7001)に電話することもできます。

5月24日の会議に出席したい人は、パスポートと米国市民の子供のコピーを持参することをお勧めします。

フィリピンのコミュニティの他のメンバーは、フィリピン人擁護グループは、それ自体についてのみ話しているので、フィリピンのコミュニティのすべてのメンバーについては話していませんと述べています。

同会長は、「CW問題は今や米議会にあり、米議会と米国大統領だけがこの問題を決めることができる」と語りました。「私たちは法律に従い、それが何であれ、それに従うでしょう。そして、私たちは、この美しい島に住み、働くことを許してくれた、CNMIと米国とその政府の人々に永遠に感謝します」

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です