CW法案で思わぬ障害の可能性

米下院委員会は、米下院での通過を遅らせる可能性のある外国人労働者法案に関する問題を提起しました。

ラルフDLGトレス知事は、米下院歳入財源委員会(US House Ways and Means Committee)がプログラムに追加された追加料金および費用に関連する法案の「潜在的収入発生措置」のため、北マリアナ諸島合衆国労働力法と呼ばれるリサ・ムルコウスキー(R-AK)上院議員のS.2325の「細部」に関する問題を取り上げました。この懸念は、この法案が下院歳入財源委員会に言及される結果を招く可能性があります。

トレス知事は声明の中で、「委員会への言及は、法案通過の遅延を意味する可能性がある」と述べ、コモンウェルス・ヘルスケア・コーポレーションが看護師のCW請願の1つしか承認されていないことで、この法案の通過が急務であることを米下院の指導者らに強調しました。その看護師はロタ・ヘルス・センターで働いています。

トレス知事は、「現時点で、別の選択肢が可能だと私に知らされているが、法案承認で遅れる可能性がある」と述べ、トレス氏は別の法案が「下院によって検討され」、米国上院で承認される文言の全てを含め改正されると議会に伝えられていると付け加えました。

「残念なことに、これを行うことは、[米国]上院議員が、その署名を求め米国大統領ドナルド・J・トランプに送る前に、この法案を再び投票しなければならないことを意味します。この代替案は数週間の遅れを意味するだろう」とトレス氏は語りました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です