さよならケープエアー

グアム・サイパン・ロタのフライトサービスを14年間提供したケープ・エアは木曜日にCNMIに別れを告げます。

空港消防隊員は、ケープエア航空の航空機に対して、コモンウェルス政府へのそのサービスに感謝するために、放水による敬礼を行いました。

下院商業観光委員会のレパン・ゲレロ議長は、CNMIにとって悲しい日だと語りました。

同下院議員は、ケープ・エアがこの地域に残ることを検討するよう望んでいると述べました。

「CNMIと他の米国の目的地の間に信頼できる航空サービスがないと、地元の人々は米国に行くのが難しく、費用もかかります。政府として我々は、他の目的地へ連結する信頼できる空輸サービスを必要しており、連邦政府への接触を行うべきです。

CPAコモンウェルス港湾局の役員であるBarrie Toves氏は、「最大の影響」はロタの人々に及ぶだろうと語りました。

彼は、「残念ながら、ユナイテッド航空が(ケープ・エアーとの関係を断つ)決定は、移行の準備をする時間を我々に与えませんでした。ケープエアーはサービスとルートを継続したいと考えていますが、ユナイテッドなしで単独で運航できる状況に移行するには時間が必要です。私たちは、Cape Airがそのルートを引き継いでサービスを続けることができないことを知っています…。私たちはまだこの状況を救済する方法を議論しており、ケープ・エアーに飛行サービスを継続させる可能性がありますが、現時点で情報を漏らすことはできません」と付け加えました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です