全会一致で通過したNMI労働法案

(CNMI知事オフィス)- 水曜日の朝、ラルフD.L.G.トレス知事は、米下院がH.R. 5956、2018年北マリアナ諸島米国労働者法(National Laborforce Act of 2018)を通過させたと発表しました。法案は現在、米国上院に提出されています。

「米下院がH.R.5956、2018年の北マリアナ諸島米労働者法(National Workforce Act of 2018)法案を承認したことをCNMIに通知することができて嬉しく思います」とトレス知事はその公式声明の中で述べました。

「法案は全会一致で可決されました。今日の通過前に、Paul Ryan下院議長の事務所はこの立法への支持を我々は保証すると私に伝えました。この重要な法案通過に反対があることを懸念した地域社会の人がいたことも私は知っていますが、CNMIへの支援とコミットメントについて早くから私に約束をしてくれた下院指導部への感謝とそれを知ることが重要です。

「これは簡単なプロセスではありませんでしたが、今、下院にこの法案を通過させたことは、これらの島々をホームと呼ぶすべての人にとって歓迎すべきニュースです。私は以前からこう言ってきましたが、それは繰り返す価値があります。これは本当に私たちのコミュニティの皆さんが懸念を表明し、私の行政と協力して働いた皆さんの苦労を反映しています。私は特に、法案の再導入だけでなく、過去数年間の友情に対してロブ・ビショップ議長に感謝したいと思います。この法案は今、法案の文言をすでに承認している上院に提出されます。私たちはもうそこまで来ています。そして、私たちと一緒に取り組んできた全ての人に心から感謝します」と知事は付け加えました。

下院自然資源委員会の議長、ロブ・ビショップ下院議員が再導入したHR5956は、CW許可プログラムを2029年まで延長し、CNMIの米国労働力を発展させるための継続的な地域イニシアチブをさらに強化します。この法案はまた、これは、法律に従って2019年までのCW労働者の数を減らすために、オバマ政権に帰属する政策を実施した米国市民権移民局の削減を修正したものです。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です