ツアーガイド認定プログラムによる薬物検査は不要

「認定ツアーガイドは、薬物検査を受ける必要はありません」と、マリアナ観光局ツアーガイド認証マネージャーのKuen-Hee Han氏は話しています。

「ツアーガイドが法律を破っていると判明した場合、DPS公共安全局などの執行機関の範囲になるだろう」と彼女は金曜日のインタビューで語りました。

ツアーガイドが薬物関連の事件で逮捕されたり、薬物の影響を受けた運転をした場合、その証明書は取り消されます、と彼女は付け加えました。

しかしながら、認定プログラムに先立つDUI記録を持つツアーガイドは、トレーニングを受けることができます、と彼女は言っています。

別のインタビューで、MVA理事会のグロリア・カバナー会長は、ツアーオペレーターまたは会社がその人員に薬物検査を受けるよう要求するかもしれないと話しました。

ツアーガイドの認定は、2017年10月に開始されました。

6月4日現在、217人がツアーガイドとして認定され、50人はまだ検査の結果を待っているとMVAは述べています。

Han氏は、違法ツアーガイドはシステム外であるために簡単に特定できると述べ、録されたツアーガイドの約85%がCW許可を保持している、と彼女は付け加えました。

MVAはまもなく島に関する関連情報を提供する公式のマリアナ・ガイドのアプリと、ツアーガイドが顧客に優れたサービスを提供するよう奨励することを目的としたマリアナ・ガイド・オブ・ザ・イヤー・プログラムを紹介する予定です。このプログラムの下で、観光客はインスタグラム、Facebook、および/または他のメディア・アウトレットでお気に入りのガイドに投票することができます。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です