車が炎上、爆発、ドライバーは無事

水曜日の正午前、クォーターマスターロードとビーチロードの交差点で4ドアセダンが車に衝突して炎上しました。火事の原因は発表の時点では不明でした。

運転手は軽傷を負いましたが、病院で治療を受けた後退院しました。

DPS公安局安全広報課のジャッキー・レイ氏によると、黒の三菱ランサーがビーチロードの内側車線を北に向かって走行中、別の車両が外側車線を同じ方向に走行しており、赤のマツダ3がクォーターマスターロードを西に向かって走行していました。

レイ氏は、この未明車両がクォーターマスターを右折した時、マツダ車が突然ビーチロードを左折し、三菱ランサーと衝突したと話しています。

三菱自動車の19歳の運転手は、火事は彼の車のボンネットの下で始まり、その後すぐに車両の残りの部分に広がったと言いました。

彼はこの火災から火傷は追いませんでしたが、軽傷を負ったため病院に運ばれ治療を受けた後退院した、とレイ氏は伝えました。

マツダ3の運転手は43歳の女性で、幼児と10歳の子供を乗せていました。

消防救急医療情報担当官のDerek Gersonde氏によると、女性ドライバーは、左耳の後ろに裂傷を、また、前腕に軽い擦り傷を負っていました。

Gersonde氏は、女性運転手と二人の児童が救急車で病院に連れて行かれたと話しました。

治療後、重大な医学的懸念がないことを確認した後、運転手、幼児、および小児は病院から解放されたと彼は付け加えました。

Gersonde氏は、火災の原因は依然として調査中と話しました。

DPSは車両の衝突に関連した言及はしていないとRae氏は述べ、現在調査中であると付け加えました。

DPSMSは午前11時54分に911通報を受けて、DFEMSが午前11時58分にこの通報を記録しました。

午後12時03分に、Susupe消防署のForestry-1とRescue-1、Garapan消防署のEngine-2とMedic-2が現場に到着したとGersonde氏は述べ、午後12時11分に鎮火したと付け加えました。

警官がなぜ警察車両に備え付けられている消火器を使わなかったかを尋ねられて、レイ氏は捜査部がその質問に応じて声明を出すと答えました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です