ビジネスマンが怠慢過失でアパートの所有者を訴える

階段から落ちて怪我を負った実業家がアパートのオーナーを訴えました。

スティーブン・ブラウンスタイン(Steven Brownstein)氏は、裁判で証明される額の医療費と費用を要求しています。彼はまた、陪審審理も求めています。

ブラウンシュタイン氏は自らが代表となり、ガラパンのパセオ・デ・マリアナに3階建ての建物を管理するマジック・インターナショナル・コーポレーションを怠慢過失で提訴しました。

彼の訴状によると、2016年5月17日にその建物の3階に住んでいたマジック・インターナショナルのテナントであった彼の友人を訪ねました。

ブラウンシュタイン氏はその友人のアパートを出て階段を歩いているときに、落ちて負傷したと述べました。

ブラウンシュタイン氏によると、その地区は不透明で、階段には手すりがありませんでした。マジック・インターナショナルは、施設が安全であることを確実にする義務を怠っていたと彼は付け加えました。

このエリアは安全ではなく、適切に設計されておらず、警告やその他の建設上の欠陥が不十分であると彼は述べています。

Brownstein氏は、マジック・インターナショナルが暗く、見にくい部分が危険であることを知っていたか、あるいは知っているべきであると言いました。

彼はさらに、マジック・インターナショナルがその危険な状態について警告を伝えることをせず、怠慢、過失そして無謀で不注意であったと主張しています。

バラエティはマジックインターナショナルからコメントを得ることができませんでした。

訴訟によると、ブラウンシュタイン氏は将来的な収入の確保、そして将来的に彼が獲得し​可能性のある経済的利益を奪われたとしています。

この訴訟は、ブラウンシュタイン氏の傷害の程度については述べていません。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です