不発弾が4つの工事現場で見つかる

(プレスリリース) – 2018年7月17日(火曜日)〜2018年7月18日(水曜日)に、消防局緊急医療サービスは不発弾UXOの報告を受けて4つの建設現場に対応しました。
DFEMS Hazmat / Explosive Teamすべての現場に対応し、その地域の安全が確認されるまでプロジェクトを中止させました。
発見現場は以下のとおりです。
17, 2018年7月17日
1) 報告時間: 10:50 a.m.
場所: Kanat Tabla (カナット・タブラ)
UXO:
米国の100ポンド汎用爆弾1個
掘削中に発見
2) 報告時間: 3:59 p.m.
場所: Herman’s Bakery, As Lito (アス・リトのハーマンズ・ベーカーリー)
UXO:
5インチのHE米国発射砲1個
掘削中に発見
3) 報告時間: 2:34 p.m.
場所: Triple J Motors, Beach Road (ビーチロード、トリプルJモーターズ)
Future Apartment(フューチャー・アパートメント)
UXO:
1 – 日本製手榴弾
2 – 80 MMモルタルHE
3 – 70 MM HE弾丸
12 – 50 MM HE発射弾
掘削中に発見
4) 報告時間: 4:30 p.m.
場所: Capital Hill (Wireless) (キャピタルヒル電波塔)
Ester Munie 氏の所有地
UXO:
1 – 38 MM HE発射弾
3 – 80 MMモルタルHE
7 – 75 MM HE弾丸
27- 25MM対空砲
バックホーで土地整備中に発見
18, 2018年7月18日
5) 報告時間: 2:55 p.m.
場所: Triple J Mortars Beach Rd.
Future Apartment
UXO:
1 – 日本の手榴弾
2 – 80 MM HEモルタル
21 – 50 MM HE発射弾
6 – 110 MM HE発射弾
4 – 70 MM HE 発射弾
1 – 75 MM HE 発射弾
掘削中に発見
午後6時に、DFEMS Hazmat / Explosive Teamが、第二次世界大戦時の不発弾93個をMarpiの爆弾ピットに固定し再配置しました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です