レンタカー事業を規制する政策法案が下院を通過

下院は水曜日、コモンウェルスの自動車をレンタルする会社を規制する上院法案を全員一致で可決しました。
Sixt Igisomar上院議員によって導入された上院法案20-55は、現在、知事のデスクに向かいます。
この法案には、CNMIでこれらの企業を規制する必要があると述べられています。同法案は、「ハイウェイではレンタカーが増え、交通量は倍増している」と付け加えています。
さらにそれは、ここ数年、レンタカーを含む交通事故の件数も増加していると述べています。
法案によると、多くのレンタカーの運転手は外国人であり、CNMI交通法や道路の基本規則を知らないとしています。
この法案は、レンタカー会社がCNMI自動車局が発行した有効な運転免許証を直ちに所有していない個人に自動車を賃貸または賃貸することを禁止します。
加えて、レンタル会社は、運転免許証の明瞭なコピーが添付された、もしくは、英訳されたいかなる外国語版レンタル契約と第一運転者のオペレーターのライセンスが添付されていなければなりません。
同様に、賃貸契約や損害賠償免責のコピーが使用前に商務局長に送られない限り、レンタル会社は賃貸契約または損害賠償免責を提供することはできません。
義務的な追加料金から顧客を守るために、法案ではレンタカー会社に、車両のレンタルに関連するすべての料金を即時に開示することが求められています。
「レンタル会社は、広告に含まれる見積りや電話での価格見積もりの一部として、レンタカーをレンタルするためにレンタル業者が支払わなければならないすべての支払い額を開示するものとする」と法案には示されています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です