CHCCが太陽光発電プロジェクトの鍬入れ式を開催

ラルフD.L.G. トレス知事と他の政府関係者によって主導されたCHCコモンウェルス・ヘルスケア・コーポレーションは、160キロワットの再生可能エネルギーを生成する、太陽光発電システムの駐車シェード構造プロジェクトの鍬入れ式を開催しました。

トレス知事は、同プロジェクトがCHCCのエネルギーコストを削減し、他の政府機関に追随して再生可能エネルギーに投資するよう促すと述べました。

このプロジェクトには、米国内務省からの56万ドルの助成金が拠出されました。知事は、助成金管理局がこのプロジェクトが確実に進展することを確保するのに役立ったと述べています。

CHCC最高経営責任者(CEO)のEsther Muna氏によると、これは3段階プロジェクトの第一段階にすぎません。完了すれば、合計497キロワットの電力を生み出すと、病院の緊急事態準備局長ウォーレン・ヴィラゴメス氏は話しました。

ムーニャ氏は、このプロジェクトの第1段階の完了により、今後5年間でCHCC の$ 700,000のエネルギーコストが節減されると述べました。

「このプロジェクトは医療施設には絶対必要です」と彼女は付け加えました。「公益事業は私たちにとって莫大な費用です」

さらに彼女は次のように付け加えました。「日常的な空調と病院設備の使用は明らかに多くのエネルギーを消費します。私たちはそれを減らそうとしています」

ムーニャ氏によると、CHCCは毎月30万ドルのエネルギーを費やしており、電力コストの削減は病院のサービスの拡大と改善を可能にすると伝えました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です