消防署長「法律に従って下さい」

「法律に従ってください!」 それは、消火栓上駐車違反に対する罰金を払うために個人ローンを組まなければならなかった人物に掲げられた懸念に対する、火災救急医療部門のクライド・K・ノリタ署長の対応です。

「私たちは私たちの役割、一般の人々に通知教育し、規制を公布するという役割を果たしました- 皆がルールを理解するためのすべてを行いました」とNorita氏は話しました。

「この規制を導入したときに何人かの人々が不平を言うことはわかっていました。聞く耳を持たず、標識を見ることを望まない人が常に1割はあります」

2018年3月2日、DFEMSはガラパンで消火栓レーン規制を実施しました。

「ほとんどの人が遵守しています」とNorita氏は言っています。

「私はそれを行いの問題と呼びます。標識を読んで、路上の塗装を見て、駐車しないでください」

この規則は、消火栓レーン規制を実施する上で消防士に多くの裁量を与えるものではありません、と彼は付け加えました。

「レッカーによって牽引されたら、それを止めることはできません。ですから、そこを見回っている消防士を見たらすぐに、あなたの車が消火栓上に駐車していないことを確認してください。もしそうであれば、レッカー牽引されます」

この規制では、回収された手数料は「ファイヤー・レーン・リボルビング・ファンドに預託される」ことが規定されています。

この法律は資金の使用に非常に特有であるとNorita氏は述べています。

「この資金は、DFEMSの運営、トレーニング、設備(消防署に関連するもの)に使用されています」

法律では、駐車場違反の場合は150ドル、レッカー牽引の場合は220ドル、保管の場合は1日20ドルが課されると同氏は付け加えました。

 

規制に基づく手数料:

 

  • 11,000ポンド以下のレッカー牽引- $ 220
  • 11,000ポンド以上のレッカー牽引- $ 350
  • レッカー車のキャンセル- $ 180
  • 11,000ポンド以下の現場でのスタンバイ- 1時間$ 60
  • 11,000ポンドを超える現場でのスタンバイ。- 1時間$ 120
  • 保管費用1日- $ 20
  • 消防士の時給- $ 35

「消防隊員が消火栓上に駐車している車両を見つけ、レッカー車を呼んだが、牽引車が時間通りに来ない場合、違反車の所有者が出てくれば、所有者には駐車違反が通告され、レッカーはありません」とNorita氏は言いました。

「法律で示されているように、レッカー車が車両に接続、あるいは引き上げたとき、切り離すことはできません。レッカーに対する代金を支払う必要があります」

ノリタ署長は、消火栓上駐車違反に対する150ドルの罰金については、「裁判所がそれを決定します」と述べています。

彼はさらに、「所有者が違反切符について裁判所に行く場合、裁判官がその150ドルを減額するかもしれませんが、それは裁判官の裁量判断です」と付け加えました。

Norita氏は、徴収された手数料はCNMI財務局にのみ項目別に支払われていると述べました。

同氏は、裁判所が消火栓上駐車の召喚状を裁定している間に、「消火栓状に駐車することを指摘された車両の解放は、我々が行う行政上の手続きです」と述べました。

彼は、車両所有者が週末に車を解放することを望む場合を除いて、消防署は牽引または保管に対する支払いを処理しないことを繰り返し伝えました。

ノリタ氏によると、消防署員は営業時間外に現金やクレジットカードを受け取ることはなく、マネーオーダーもしくはキャッシャーズ・チェックだけです。

「手数料を支払うと、消防署があなたに解放のための文書を渡します」と彼は付け加えました。

「誰もがこれでお金を稼ぐことはできません。牽引車は入札プロセスを経て、規制に基づいてすべてが処理されます」

DFEMSは、Renbat Co. Inc.と牽引サービス契約を結んでいます。

「「入札招待」があり、それに応えたのはレンバット社だけでした」

同氏は、レンバット社との契約の下で、牽引費用は120ドルだが、DFEMSは違反者に220ドルを請求していると話しました。残りの金額は、消防部のリボルビングファンドに送られると付け加えています。

ノリタ氏によると、消火栓状駐車の規制はCNMI全体に拡大されるとしています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です