1つの観光市場に過度に依存していることに慎重なMVA

韓国はすでにCNMIの主要観光シェアを48%としていますが、マリアナ観光局は単一市場に過度に依存していることに慎重です。
サイパン・トリビューンのCNMIの訪問者の市場シェアに関する質問に対して、MVAのマネージングディレクター、クリストファー・コンセプシオン氏は、日本の市場シェアが80%を超えた1990年代と2000年代初めの教訓から学んだと話しました。
コンセプシオン局長は更に、「これが崩壊したとき、CNMIの経済全体が停滞した」と付け加え、再びこれを繰り返すことはできないとして、MVAの目標は、30%を日本から、30%を韓国から、そして30%を中国からにしたいと話しました。
現在、韓国は48%、中国は38%、日本は7%です。そして他の市場が残りの7%を占めています。
同氏によると、日本には人口約1億2500万人のうち、年間約1,700万人の海外旅行者を抱えているとしています。
同氏によると、韓国は人口約5,300万人のうちの約2,300万人が海外旅行者です。「日本の人口の半分以下の日本とは著しい違いがあります」
コンセプシオン氏によると、一方で、中国は13億人以上の人口を持ち、昨年1億2,000万人以上の外国人旅行者を抱えていたことを指摘しました。同氏は、中国市場が非常に大規模であるため、「大きな可能性を秘めた巨大市場」を無視することは不可能だと述べました。
先月のコモンウェルス所信演説でラルフ DLG トレス知事は、観光がCNMIの発展の主な推進者であり続けていることを認めました。
トレス氏は、「私たちの島に入国し、ホテルに滞在し、レストランで食べるすべての観光客は、私たちのタンクを補充しています」と述べ、3年連続で、CNMIは50万人以上の観光客を迎え入れていると付け加えました。
「観光産業は降り注ぐ雨で、その流れは安定している」とトレス氏は語りました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です