13フィッシャーマン記念碑の近くにホームレス男性の遺体

火曜日の朝、ガラパンの13フィッシャーマン記念碑の近くで、ホームレスの64歳の男性の遺体が見つかりました。

DPS公安局は、浜辺付近の死者について午後5時32分に通報を受けたと言っています。

DPSの広報担当ジャッキー・レイ氏は、対応職員は、「13フィッシャーマンのパビリオンの北にあるヤシの木に仰向けの男性被害者」を発見したと語りました。

被害者は反応がなく、厳しい瀕死状態にあったと彼女は言っています。

「64歳の被害者は、2018年9月27日に島に着きましたが、永久的な住所を持っていなかったとする彼の仲間によって発見されました」レイ氏は述べました。

被害者は頭の後ろと両膝の両方に擦過傷を負っていたとレイ氏は付け加えました。

この事件について尋ねられてDPS局長のRobert Guerrero氏は、被害者は白人男性であり、外傷の徴候はないと語りました。

被害者が心臓と腎臓の病気に対していくつかの薬物療法を受けていたこと、アルコールを摂取していたことを捜査官が知ったコモンウェルスヘルスケア社に医療隊が遺体を移送したことをレイ氏は伝えました。

レイ氏によると、病院関係者は午前6時43分に被害者の死亡を確認しました。

死因はまだ調査中だと彼女は言いました。

被害者の親族にはまだ通知されていないため、男性の名前は公開されません、とレイ氏は付け加えました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です