ガラパンのファーマーズ・マーケットは閉鎖されたままです

ガラパン・フィッシングベースのCNMI農家協同組合のファーマーズ・マーケットは、通知が有馬で閉鎖が続きます、と同社のマネージャー、リロイ・パンゲリナン氏は伝えています。

施設は大きな被害を受けませんでしたが、野菜、果物、冷凍製品を売却するか、無料配布しなければならないと述べました。

「私たちは、ベンダーの数社、ほとんどがホテルですが、低価格で提供しました。私たちはまた病院にいくつか寄付しました」

Pangelinan氏は、ほとんどの商品が腐敗しやすいので、冷凍庫のための電力が必要だと述べました。

「電力がなければ、まだ営業を開始することはできません」と彼は付け加えました。

彼らの経験に基づいて、Pangelinan氏は、彼らが農家から新鮮な果物や野菜を手に入れるには4ヶ月かかるだろうと語りました。

彼は台風Yutuがサイパンとティニアンの農業地帯に重大な影響を与えていると言いましたが、彼らはまだロタから、特に根の作物からいくつかの供給を得ることを望んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です